社会学部・国際観光学科

ゼミ紹介

国際観光学科

山崎ゼミ

「T.O」さん
に聞きました。​

分野:旅行業務実務
社会学部 国際観光学科 2年

「T.O」さん

2年生で国内旅行業務取扱管理者資格を取得。

更に上の資格をめざすモチベーションもアップしました。

なぜ山崎ゼミを選んだのですか?

私の家では海外からの留学生をホームステイ先として受け入れているのですが、いろいろな国の人と触れ合う中で海外のことをもっと知りたい、日本のことをもっと伝えたいという気持ちが強くなりました。そこで将来は旅行関連の仕事に就きたいと思い、国際観光学科に。旅行業界で活かせる国家資格の一つに旅行業務取扱管理者資格があり、就活に役立てるためにも在学中に取得したいと考えていました。そこで1年生の時に課外講座を受けつつ、この資格の国内旅行向けのものを受験したのですが、残念ながら不合格。山崎良夫先生は旅行業界出身で、2年生のゼミでも試験対策を行っていると知り、山崎ゼミを選びました。2年生ではゼミでの指導もあり、合格することができました。この経験がモチベーションとなって、今後は海外旅行向けの旅行業務取扱管理者資格も取得したいと思うようになり、TOEICに挑戦したいと思うようにもなりました。

山崎ゼミの特長を教えてください。

前述のように、2年生の春学期では国内旅行業務取扱管理者資格取得をめざし、試験勉強を行います。そして秋学期には学生同士でグループを組んで、関心のある業界の企業訪問を行います。私たちのグループは旅行会社4社を訪問。就職に関することだけでなく、2020年に向けてどのような取り組みを行っているのか、ホームページからの旅行予約に対してどのような対策をとっているのか、近年注目を集める企業のコンベンションといった旅行ニーズへの対応などについて聞いてみました。お話を伺ってみると、企業ごとに特長があることを実感。就職活動に活かせるだけではなく、旅行業界の仕事の面白みも知ることができたと思います。
山崎ゼミでは3年生になると、それまで学んできたことをベースに自分たちでツアーの企画などを行います。まさに自分のやりたかったことなので、3年生でもぜひ山崎先生のゼミで学びたいと思っています。

ゼミでの活動の中で、印象的な出来事は?

企業訪問を行った際、ある旅行会社で聞いた話です。アニメーションが好きな社員の方が、自分の好きな作品の舞台を訪問するツアーを企画したという事例を聞きました。アニメーションが好きな人の間で流行している、いわゆる「聖地巡礼」ツアーです。当初は単発のツアーの予定だったそうですが非常に人気が高く、現在も続いているそうです。しかもその社員の方がこのツアーを企画した時は、まだ入社2年目だったそうで、アイデアさえあれば年齢に関係なく採用される点や、自分の好きなことを仕事に活かせる点に面白みを感じました。
このような旅行業界ならではの魅力に触れることができるのも、山崎先生はじめ多くの先生に実務経験があり、リアルな観光業界を在学中に体験できるから。私もこの学科で学び始めて、ますます旅行業界で働きたい、自分なりの魅力あるツアーを企画したいという思いが強くなりました。

※プライバシーに配慮し、学生の名前はイニシャル(姓・名)で記載しています。