学修環境

図書館

総計56万冊。
大学が誇る知識の宝庫。
※雑誌を含む

流通経済大学では両キャンパスに図書館を併設しています。オンライン目録(OPAC)が導入されているため、所蔵資料を簡単に検索でき、週に5回の学内ルート便で別キャンパスからの蔵書のお取り寄せもらくらく。学生購入希望図書にも積極的な図書館は愛用者多数です。

Web OPAC はこちら

本・雑誌を探す

WebOPAC

論文・記事・文献を調べる

学術情報リポジトリ

電子ジャーナル一覧

利用する

利用案内
開館カレンダー

龍ケ崎キャンパス図書館

43万冊を超える図書や雑誌がズラリ。授業の合間に映画鑑賞もできるAVコーナーも。

新松戸キャンパス図書館

街中のカフェのような開放感あふれる館内。​集中して学習できる個人机も。

特殊コレクション

祭魚洞文庫(さいぎょどうぶんこ)

元日銀総裁の渋沢敬三氏(1896-1963)が開設した個人文庫であった祭魚洞文庫。流通経済大学では、そのうち、渋沢栄一氏原蔵の「青淵文庫」を含みつつ、地方史・産業技術史・民俗学・文化人類学・考古学などの分野の和図書・和雑誌を18,785点、洋書・洋雑誌を2,659点の合計21,444点を所蔵しています。

天野元之助文庫(あまのもとのすけぶんこ)

流通経済大学では、中国農業史・中国農業経済論の研究者として名高い天野元之助博士(1901~1980年)の蔵書を所蔵、その一部を公開しています。残された蔵書は主に戦後の収集ですが、世界の知友からの受贈書などを含み、随所に博士の書き込みが残る貴重なものです。​

流通経済大学天野元之助文庫・目録