大学情報

学校法人日通学園 ガバナンス・コード

学校法人日通学園 ガバナンス・コード

本学のガバナンスに関する取り組みについて

学校法人日通学園は1965年に流通経済大学を創設するにあたり、流通経済一般に関する研究と教育を行うことにより教養豊かな視野の広い指導的人材を育成するという建学の理念を打ち立て、その後、半世紀以上にわたって教育と研究を続けてきている。現在では、経済、社会、流通情報、法、スポーツ健康科学の5学部、5大学院研究科を擁する中規模総合大学に発展しており、大学の果たす社会的役割はますます重要性を高めている。

そこで今般、今後さらにいっそう自律的なガバナンス機能を強化して、学園運営のさらなる透明化、公正化を図り、社会の期待に応えるために「学校法人日通学園 ガバナンス・コード」を制定した。これは一般社団法人日本私立大学連盟が策定、公表した「私立大学ガバナンス・コード」に準拠して制定されたものであり、学生をはじめとする幅広いステークホルダーに対して開かれた学校法人としての責務一端を果たすものと考えている。なお、本ガバナンス・コードの取組状況については、毎年度点検を行い公表することとしている。

学校法人日通学園 ガバナンス・コード

ガバナンス・コードの取組状況に関する点検結果について

2022年度の点検結果は、2023年4月に公表する。