RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

社会学部国際観光学科

一生忘れられない旅を、
誰かの心に残したい。

国際観光学科ニュース一覧はこちら

国際観光学科の学び

あなたは旅が好きですか?
異国の地で人や文化に触れる体験は人生を豊かにするもの。そして日本が観光立国を掲げ、東京オリンピックの開催も決定した今、この国の再生を観光面から支える人材が求められています。
そんな中、大きな期待を寄せられているのが国際観光学科。多彩な海外研修を通して異文化やおもてなしの心を学ぶと共に、日本文化を発信する力を磨き、"新しい観光"を総合的にプロデュースできる人材を養成していきます。世界が求めているのは、誰も体験したことのないツーリズム。
それを、生きた現場で一緒に考えていきましょう。

在校生の声

幸せ感を引き出す
ホスピタリティを追求。
社会学部/国際観光学科 2年 菊池絵里香

アルバイトをきっかけに興味を持った「接客」の仕事。「ありがとう」と喜んでもらえることが嬉しくて、ホスピタリティ(おもてなしの心)を学べるRKUへ。相手の気持ちを考え、理解し、行動することで、楽しい気持ちを引き出し、幸せな時間を提供する、そんな接客ができる人に、私はなりたい。

卒業後の進路

卒業生の声

ゼミで鍛えた
コミュニケーション能力こそ、
自分の強み。

東日本旅客鉄道株式会社
東京支社 池袋運輸区

五十嵐 陽祐 国際観光学科 2011年卒業

幼い頃からの夢を叶え車掌として山手線に乗務し、多くのお客さまの乗降を確認したうえでのドアの操作や車内放送などを行っています。仕事を行うに当たり、お客さまに安全で快適な輸送サービスを提供できるよう心がけています。現在は、次のキャリアとして国家資格が必要な電車運転士を目指しています。在学中のゼミでは、毎回「気になったニュース」を発表する時間がありました。話すのが苦手だった私も、熱心な指導のおかげで発言や対話力を培うことができました。その力は就職の面接ではもちろん、社会人になってからもあらゆるところで生きています。RKUは、どんなことに対しても教職員の方々が手厚くサポートしてくれるので、安心していろいろなことにチャレンジしてみてください。

  • ゼミで培った力
  • 自分の言葉で表現し
    発信する力
  • 人の不安を取り除く
    細やかな気遣い

学科の特色

1多様な体験型学習で観光の仕事の魅力を知る
プロに学ぶブライダル企画、地域の人々と一緒になって行う観光街づくりの実践、海外の協定大学との交流の中で行う外国人に向けた観光ツアー企画とその実践、ホテルのバックヤード見学など、多様な観光の仕事を体験的に学ぶことを通して、その難しさや面白さを知ってもらいます。
2グローバルコミュニケーションを可能にする英語力を鍛える
これからの観光業は海外へ出かけていくだけでなく、海外からのお客さまを迎え入れることが当たり前。旅行業、ホテルなどの宿泊産業を目指すうえでも、英語力が不可欠です。観光英語I~VIでは、コミュニケーション英語を中心に生きた英語教育を行います。TOIEC®受験対応も行います。
3グローバルに活躍できる人になる、旅行業界に入る。夢の実現を支援するゼミ
2年ゼミには英語ゼミ、資格ゼミがあります。英語ゼミではネイティブの先生を中心に、1年間、英語コミュニケーション能力を磨くことによる海外留学支援を行っています。旅行業務取扱管理者資格は旅行業界を目指す人にとっては重要な国家資格です。資格ゼミでは、1年間資格取得に向けたサポートを行っていきます。
4ホスピタリティから観光マネジメントまで体系的な学びで未来の観光を創る力を養う
たとえばディズニーランド、よく教育されたキャストのホスピタリティが凄い。それだけではなく、非日常のディズニー空間を作り出し、飽きさせないよう運営していく工夫が凄い。観光社会学、観光心理学などの専門基礎科目から卒業論文執筆に至るまでの体系的な学びで、観光の仕組みや仕掛けを解き明かします。

ディプロマポリシー

国際観光学科は、学部の教育目的の下、「観光にかかわる生活、産業、社会、文化などの分野で、柔軟な思考能力と専門的な知識を備えて活躍する国際的人材の養成」を目指しており、所定の単位を修得し、以下のような知識、能力、態度を身につけた学生の卒業を認定し、学士(社会学)の学位を授与する。

  1. 観光関連サービス、地域振興、国際交流についての観光学および社会学的視点からの基礎的理解
  2. 観光関連の多様なサービスや地域社会、国際交流の各現場での体験学習を通して得られる、
    円滑な人的交流のための基礎知識、技能、態度
  3. 国際人として必要な英語によるコミュニケーション能力
  4. ネットワーク社会において必要不可欠な情報処理能力
  5. 国際間、地域間、地域内等における問題発見、解決能力を高めるために必要な、歴史、文化、地理的側面から幅広い視野
  6. 新しい観光に柔軟に対応できる創造力

学びの分野と将来の進路

観光のプロを見据えた、3つの学び

世界の広い知識や日本の文化の知識・発信力を高め、国内外で活躍できる人材を育成する。

学びの分野 学びの内容 共通・
実践科目
基礎・
発展科目
将来予想される進路
観光産業 旅行業、宿泊業など観光関連の業界を目指す人のためのモデルです。観光心理学をベースにしたホスピタリティや観光経営戦略を学びます。旅行業関連の資格取得のサポートも充実しています。
共通基礎科目
観光英語
観光概論
社会学概論



共通研究基礎・発展科目
観光社会学
観光心理学
観光人類学
社会調査法
観光地理(基礎)
プロジェクト学習



キャリア科目
キャリアデザイン
海外研修
インターンシップ(海外)
観光キャリアケーススタディ
日本通運寄付講座
全国通運連盟寄付講座
など
観光教育論
旅行産業論
ホテルマネジメント論
交通サービス論
など
 
  • ● 観光関連産業
  • ● 宿泊業
    (ホテル、旅館、リゾート)
  • ● 交通産業
    (航空、鉄道、バス、船)
  • ● 接客サービス など
国際文化 添乗員や海外駐在員など、世界を舞台に活躍したい人向けのモデルです。ネイティブスピーカーによる英語教育や、異文化理解を促す科目群を通して、海外で渡り合える人材を育成します。 異文化間
コミュニケーション論
グローバル化と文化
ヨーロッパ文化論
アジア社会論
など
 
  • ● 海外旅行・国際観光
    サービス業
  • ● グローバルビジネス
  • ● 通訳・観光ガイド
  • ● 教員 など
地域イノベーション 旅行・レジャー商品の企画や地域おこしに関心をもつ人向けのモデルです。産業や歴史、文化といった地域固有の資源を見直して観光商品化する方法など、企画力やプロデュース力を身につけます。 文化と観光
空間観光論
観光事業論
観光政策論
など
 
  • ● NPO/NGO職員
  • ● 公務員
  • ● レジャー産業
  • ● スポーツ産業
  • ● 地域交流事業プランナー・
    コーディネイター
  • ● 観光情報関連サービス業
    など