RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

大学院スポーツ健康科学研究科

スポーツ・体育の発展・促進・普及に関わる人材を育成

生涯にわたって健康で豊かな生活を享受することはすべての人達の願いですが、近年、飽食・過食、運動不足、コミュニケーション不足などにより、体や心の不健康な人たちが多くなっています。
このために、文部科学省は「総合型地域スポーツクラブ」、厚生労働省は「健康日本21」を通して、国民のすべてがスポーツを生活化できるような環境を整えようとしています。スポーツ健康科学研究科では、このような国の施策等を推進していく人材、とくに地域における生涯スポーツや競技スポーツのプロモーションリーダーの養成を目指しています。

スポーツ健康科学研究科長 黒岩 純

先輩からのメッセージ

MESSAGE院生の声

スポーツ健康科学研究科 修士課程 2014年修了 株式会社長野パルセイロ アスレチッククラブ サッカーJ3AC長野パルセイロ フィジカルコーチ兼ユースチームコーチ 大島駿

スポーツ健康科学研究科 修士課程 2014年修了
株式会社長野パルセイロ アスレチッククラブ サッカーJ3AC長野パルセイロ フィジカルコーチ兼ユースチームコーチ
大島駿

現場での活動をたくさん経験して、
スポーツを多面的に見る力がついた。

流通経済大学スポーツ健康科学部在籍中は、LifesavingClub TrainerTeamに所属し学生トレーナーとして活動していました。クラブの先輩が大学院に進学したこと、トレーナー活動の指導をしてくださった先生から大学院の魅力を教えていただいたことがきっかけで進学を決めました。専攻分野はスポーツトレーニング論です。スポーツトレーニング特講の授業では、先生から一対一でご指導いただき、理解を深めることができました。すべての授業が少人数のため、さまざま分野の先生方から丁寧に指導していただけることが魅力です。また、実践活動の場が多く、現場での活動をたくさん経験することができ、その結果、スポーツを多面的に見る力がついたと思います。現在はJ3AC長野パルセイロのフィジカルコーチ兼ユースチームコーチとして、大学院で学んだことを生かして活動しています。

スポーツ健康科学研究科 修士課程 2013 年修了 現埼玉県越谷市立 中央中学校 教諭 林克

スポーツ健康科学研究科 修士課程 2013 年修了
現埼玉県越谷市立 中央中学校 教諭
林克

夢は、スポーツを通して、
世界で活躍する人材を社会に送り出すこと。

流通経済大学は、先生と学生の距離が近いため、研究に関する指導はもちろんですが、進路などの相談にも親身になってアドバイスをしてくださいました。また、専攻分野の異なる大学院生同士がともに学び、高め合う環境がそろっているところも魅力です。私はスポーツ生理学、特に心臓や血管などの循環系を専門としていました。学びを通し、自ら考え、行動することを今まで以上に大切にするようになりました。何事においても他者に解答を求めるのではなく、まず自分の力で考えて実際に行動してみる、これは大学院の研究活動のみならず、日々の生活の中でも必ず生きてくると思います。現在は、埼玉県で教員として子どもたちにスポーツの魅力を伝えています。私の指導をきっかけとして、多くの子どもにスポーツに興味を持ってもらい、スポーツの可能性を広げ、世界で活躍する人材を社会に送り出すことが目標であり、夢でもあります。

取得可能な学位

  • 修士課程 修士(スポーツ科学)
修士課程
[共通科目(必修科目)]
スポーツプロモーション論[特講] / 研究方法演習Ⅰ / 研究方法演習Ⅱ
修士課程
[選択科目]A群
スポーツ教育論[特講] / 学校体育論[特講] / 子どもスポーツ論[特講] / 中高齢者スポーツ論[特講] / スポーツ救急教育論[特講] / アスレティックケア論[特講] / レクリエーションスポーツ論[特講] / 障害者スポーツ論[特講]
修士課程
[選択科目]B群
スポーツコーチング論[特講] / スポーツ体力論[特講] / スポーツ技術論[特講] / スポーツ戦術論[特講] / スポーツ心理論[特講] / スポーツ栄養論[特講] / スポーツトレーニング論[特講] / 運動質論[特講]
修士課程
[選択科目]C群
スポーツ文化論[特講] / スポーツマネジメント論[特講] / スポーツ行財政論[特講] / コミュニケーション論[特講] / 健康社会論[特講] / スポーツ組織・運営論[特講] / スポーツ情報 ・戦略論[特講]

将来の進路

修士課程 国の施策を積極的に推進していく高度専門職業人の育成、とくに地域(地域社会、コミュニティ)における生涯スポーツや競技スポーツの振興推進にかかわる教育研究を通して、スポーツプロモーションリーダー(企画立案・運営・指導等の能力を有する人材)の育成を目指している。具体的な職場としては、下記のものが挙げられる。
  • 地方自治体のスポーツ部局/ 施設
  • 都道府県の広域スポーツセンター
  • 市町村の総合型地域スポーツクラブ
  • 公共及び民間の保健医療施設
  • 民間のスポーツクラブ
  • NPO法人 など