RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

スポーツ健康科学部スポーツ
コミュニケーション
学科

コミュニケーション能力
= いま一番求められているチカラ

スポーツコミュニケーション学科ニュース一覧はこちら

スポーツコミュニケーション学科のREALな学び

子どもや高齢者、文化や言語が異なる「人」、職場や学校、地域のスポーツクラブやプロ球団などの「組織」、都市部や農村部、スポーツがさかんな地域とそうでない地域などの「社会」。私たちには様々な対象との間で、話し合いや課題解決が求められます。情報を共有し、互いの理解を深めながらチームワークを築き上げ、チャレンジを恐れずに物事を解決する。
新学科ではそのような"高度なコミュニケーション能力"を磨きます。

こんな人に向いてます

1スポーツを観戦することが好きで、
メディアがどのような影響を与えるか興味がある人
2スポーツを通して、多くの人たちと出会い、つながった。
その理由を知り、人に伝えたい人
3好きなスポーツやチームがあり、
そのスポーツの普及やチーム運営に興味がある人
4国際的な大会の時にはスポーツに注目して、
自分もそれに関わってみたい人

ディプロマポリシー 準備中

学びの分野と将来の進路

学びの分野 学びの内容 将来予想される進路
情報・メディアを学ぶ するスポーツ、観るスポーツだけではなく、「伝える」スポーツについて学び、「伝える」事の意図と、その方法であるテレビ、ラジオ、新聞、雑誌などのそれぞれの特徴や、社会に対してどのような影響を与え、私たちの生活に関係しているのかを考え、新たなスポーツの評価や価値を見出していきます。  
  • ● スポーツ関連団体・企業
    コーチ、指導者、広報、アナリスト、開発、販売、企画、運営
  • ● スポーツメディア
    マスメディア等の記者、ウェブメディアの管理・運営
  • ● スポーツ発展普及
    競技者、指導者、エージェント、青年海外協力隊員
  • ● 一般企業
    教育、学習支援、卸売、小売関連、サービス関連
  • ● 公務員
    公営施設運営、管理、消防士、警察官、自衛官
  • ● 教員
    中学校教諭、高校教諭
コーチングを
学ぶ
コーチとプレイヤーの関係だけでなく、その周りにいる人々とも行うスポーツを超えたコミュニケーション方法を学びます。自分自身の理解はもちろん、相手の事を理解し、尊重することを大切にし疑問を持つ事や観察、フィードバックなどのスキル、またゲームセンス理論を用いた練習デザインを学び、コーチングを行う者としての自己を高めていきます。  
マネジメントを
学ぶ
イベントやチームの運営、スポーツを通したビジネスやまちづくりなど、現代社会におけるスポーツを取り巻く様々な分野について学びます。スポーツにおけるマネジメントの考え方や役割等を分析しながら、国際社 会と地域社会におけるスポーツマネジメントとスポーツマネージャーの役割について考えていきます。  
グローバルコミュニケーションを学ぶ 実用的な英語を用いるために必要な4つのスキル(スピーキング・リスニング・リーディング・ライティング)を総合的に学び、学生生活の中で積極的に英語を活用して、親しみながら培っていきます。また、スポーツの中で知識や情報を伝える表現を学び、外国のスポーツ中継や新聞記事を理解し、運動や動きの中でもポイントを伝えるための表現を学びます。