RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

入試情報アドミッ
ション
ポリシー

アドミッションポリシー

一人ひとりの能力や適性を「見出し」「育む」入試です。

流通経済大学は、産業界の広範な支援のもとに設立された、産学連携を出発点とする大学です。我が国経済の繁栄のみならず福祉の向上と文化の発展にも貢献できる、視野の広い指導的人材の育成を目的とし、「優秀な産業人は優れた教養人でなければならない」との信念にもとづき、開学以来、実学主義とリベラルアーツを重視した特色ある教育に取り組んできました。こうした本学の教育理念は、5学部8学科5大学院研究科からなる総合大学に発展した現在でも一貫しており、今日の世界情勢の中で我が国が国際競争力を高めていくためにも、個性と創造力の溢れる人材の育成をめざして実学教育を旨とする、本学の教育が果たすべき役割は極めて大きいといえます。
ゆえに、入学者の受け入れに於いても、将来社会や産業界の期待と要請に応え得るであろう、必ずしも一様ではない能力や適性を見出し、それを本学の教育環境で育むことを目的として、選抜を行っています。一般入試や、大学入試センター試験利用入試における学力検査による入学者選抜に加えて、推薦入試やAO入試では、知・徳・体の人間的な総合力に優れた学生を選抜しています。また、グローバル時代に活躍が期待される留学生も、広く海外から受け入れています。本学では、入学者の選抜と受け入れに際しては、志願者の能力や適性を可能な限り多方面から見出し、何よりも公平かつ厳正な方法で選考に当たり、学生を受け入れることを旨としています。それによって、これからも夢と好奇心と志を持った学生に開かれた大学であり続けたいと思います。

経済学部

経済学部は、情報化やグローバル化に対応して、経済学及び経営学(会計学)の専門知識のみならず、広い国際的視野と問題解決能力を備えた「グローバルに活躍できる視野の広い実業人」を育成し、社会に送り出すことを目標としている。
この目標を達成するため、基礎学力がある学生もさることながら、世界の経済社会の動向に関心を持ち、国内外の問題を解決して社会に貢献することに意欲的でチャレンジ精神に富む学生を求めている。
このような受け入れ方針のもと、経済学部では、全学共通で実施されている一般入試や推薦入試に加えて、AO 入試を導入し、様々な入学選抜方法を利用している。
経済学部が具体的に求める学生像は、以下のとおりである。

  1. 知識・理解力…高等学校で学習する国語、英語、地理歴史、公民、数学などについて、高等学校卒業相当の知識を有し、それらの基本的内容を理解している学生。
  2. 関心・意欲…経済に関する諸問題または企業経営に関する問題に関心を持ち、大学で学ぶ知識や技能を実践して社会問題を解決する目的を有するとともに、大学で学んだ知識や技能を自分の将来や社会に役立てたいという意欲がある学生。
  3. 思考・表現力…社会のさまざまな問題を多面的かつ総合的に考察し、自分なりの判断を下すことができるとともに、自分の知識や意見を他者に分かりやすく表現することができる学生。

経済学科

経済学科では、将来の自分の目標が定まり、それに向かって前進していく学生のみならず、自分の進路がまだ確定しておらず、経済学科での幅広い学びの中から将来を決めていきたいという「自己探索」の途上にある学生も積極的に受け入れたいと考えている。

経営学科

経営学科は、ネットビジネス時代における人々の欲求の変化に気づき、卒業後に企業人になれる協調性を持った学生の入学を歓迎する。
また、次のような将来計画をもった学生の入学を期待している。

  1. ベンチャー経営者、自営業・家業、起業やコンサルタントを目指す人。
  2. 中小企業や大企業の中堅幹部を目指す人。
  3. NPOなど非営利組織で経営に関する専門知識やマネジメント能力を活用したい人。
  4. 経理担当職、金融機関の職種、税理士、会計士、会計大学院進学、経営大学院進学を目指す人。
  5. 流通業、サービス業、製造業、IT業などの業界で活躍したい人。
  6. 各種スポーツを継続し、スポーツ関連産業などで活躍したい人。

社会学部

社会学部は、広く、人間社会のあり方や人間社会の出来事に着目し、さまざまな社会集団や組織、国や地域の歴史や文化、人間やその関係の在り方、価値観の多様性などについて学びたい学生の入学を期待している。ただし、基礎学力もさることながら、柔軟な思考力をもって他者と協力し社会に貢献しようとする姿勢を重視している。
このような受け入れ方針のもと、社会学部では、全学共通で実施されている一般入試や推薦入試に加えて、AO入試を導入し、様々な入学選抜方法を採用している。

社会学部が求める学生像は、以下の通りである。

  1. 知識・理解力…高等学校で学習する学科目について、高等学校卒業相当の知識を有している。
  2. 関心・意欲…人や社会に関わる問題や現象に関心を持ち、人および社会について幅広く学び、必要な技能を身につける意欲を持っている。
  3. 共感力・行動力…人や社会が抱える諸問題に共感し、問題解決のために他者と協力して行動しようとする姿勢を持っている。
  4. 思考・表現力…社会のさまざまな問題を多面的かつ総合的に考察し、自分なりの判断を下すことができるとともに、自分の知識や意見を他者に分かりやすく表現することができる。

社会学科

社会学科では、社会学を基盤とし、社会の様々な問題に適切に対応しうる実践的・実証的な思考能力と行動力とを身につけたい学生、また社会学、心理学、社会福祉学、保育学のいずれかひとつ、または複数について、実習・実験に基づいた専門的知識・技能を習得したい学生を受け入れている。

国際観光学科

国際観光学科では、観光学および社会学的観点からの基礎的理解を身につけ、観光にかかわる生活、産業、社会、文化の諸領域で、柔軟な思考能力と専門的な知識を備えて、国際的に活躍したい学生を受け入れている。

流通情報学部

流通情報学科

流通情報学科は、「実学主義に基づいた教育」を実践し、流通情報分野における専門的知識を有し、即戦力として企業が求める人材、ロジスティクスの考え方を核に、広い視野に立ち、経済・社会システムをデザインできる人材の育成を目指しており、一般入試や推薦入試、AO 入試などの複数の入試方式によって、こうした方針に共感する学生を受け入れている。

法学部

ビジネス法学科

ビジネス法学科は、「企業活動における法令遵守」(コンプライアンス)や「企業統治」(コーポレート・ガバナンス)の現代的意義を深く理解し、ビジネス社会で活躍できる人材の育成を目指している。そして、「実学主義」をうたう本学の教育方針の下、本学科の教育理念を理解して、リーガル・マインドを身につけて法令遵守および企業統治の現代的意義を学ぶ意欲を持つとともに、ビジネスの第一線で活躍することを目指す人材を求めている。
このような人材を幅広く受け入れることを目的として、ビジネス法学科は、一般入試や推薦入試、AO 入試などの複数の入試方法により、多角的な視点から選抜を行い、上記のような学生を受け入れる。

自治行政学科

自治行政学科は、地方公務員・NPO職員等として公共の一翼を担うことのできる人材および地方自治に関わるさまざまな分野で活躍できる人材の育成を目指している。そして、「実学主義」をうたう本学の教育方針の下、本学科の教育理念を理解して、政策形成能力を身につける意欲を持つとともに、地域貢献を積極的に行い、地域の人々とコミュニケーションをはかる能力を獲得して、公共の分野で活躍することを目指す人材を求めている。
このような人材を幅広く受け入れることを目的として、自治行政学科は、一般入試や推薦入試、AO入試などの複数の入試方法により、多角的な視点から選抜を行い、上記のような学生を受け入れる。

スポーツ健康科学部

スポーツ健康科学科

スポーツ健康科学科では、「実学主義」という本学の教育方針に基づき、スポーツ・健康に関する実践を通じて、見る力、伝える力、決断する力、全力を出し切る力、省みる力を育む。また、自他を認め、自ら考え、自ら行動できる能力を身に付け、あらゆる精神に対して崇高の念を持ち、人間として優しさや思いやりの心、たくましい精神を持つことができる人材育成を目指している。
この学部・学科の教育理念に賛同し、スポーツ・健康に興味・関心を持ち、スポーツを通じて人間性を磨きたいと考え、スポーツで社会貢献したいという意思があり、大学生活4年間を意欲的にチャレンジし続けられる学生を求めている。
このような人材を幅広く受け入れるべく、スポーツ健康科学科においても、一般入試や推薦入試、AO 入試などの複数の入試方法により、学生を受け入れている。

大学院

経済学研究科

経済学研究科では、経済学および経営学の分野における研究能力の向上および高度な専門知識の修得を実現しようとする意欲的な人材を求めています。
修士課程は、国際化、情報化、サービス化の中で激変しつつある経済および経営の分野に関わる諸問題を根本的かつ総合的に研究し、専門的知識を修得することを目的としています。本課程では、研究に対し真摯な姿勢で臨み、目的を実現しようとする積極的な国内外の人材を受け入れる方針です。
上記のような学生像を前提として、入学定員10 名の選抜を実施しています。選抜方法としては、学内推薦選考、一般入学試験、社会人入学試験を実施しています。学内推薦選考は、成績上位の優秀な者の中から面接によって選抜しています。また、一般入学試験は、筆記試験と面接によって選抜しています。社会人入学試験は、筆記試験と面接によっています。
博士後期課程では、優れた専門知識を修得した高度専門家として研究に携わる人材を養成することを目指しています。つまり、経済学及び経営学の各分野における学術上のリーダーたりうる、大学や各種研究所などにおける研究者の養成、あるいは官民諸団体の企画、調査などの部署におけるテクノクラート等の養成を目的にしています。本課程では、研究に対し真摯な姿勢で臨み、目的を実現しようとする強い意志を有する人材を受け入れる方針です。
以上のような学生像を前提として、入学定員5 名の入学者を受け入れるために、外国語試験と面接試験を実施しています。

社会学研究科

社会学研究科は、理論社会学、社会福祉・地域社会学、産業・観光社会学等の諸領域における専門的知識を有する高度職業人、または創造性豊かな研究者の養成を目的としています。この目的を達成するために、社会福祉学、地域社会学、産業社会学、観光社会学とその関連科目および理論社会学を中心とした研究と教育に取り組んでいます。
社会福祉学の分野では、時代を見据える確かな目をもった福祉臨床家の育成、時代や社会の風を読む豊かで深い知識や感性をもった専門家の育成を目指しています。特に、地域社会学の分野では、国内外の地域を視野に入れ、教育に取り組んでいます。産業社会学、観光社会学の分野においても、観光産業・エンターテインメント産業・スポーツ産業などのサービス産業および情報産業を中心とするこれからの社会を担える高度職業人の養成に取り組んでいます。とりわけ、観光社会学の分野では、交流、コミュニケーション、ホスピタリテイを中心に教育を実践しています。
また、こうした学問分野の中核をなす理論社会学の分野にも力を入れ、現実をえぐり出す根底にある社会を分析、解明する能力を身につけられるよう指導しています。
本研究科における人材養成の目標を具体的に列記すれば以下のとおりです。

修士課程では:

  1. 政府や地方自治体、公私の施設、一般企業の教育・人事・労務・福祉などの部署で活躍する専門実務家。
  2. 各種の社会問題に対処しうる者、心の問題を支援できる者、有能な教育的実践家。
  3. サービス産業や情報産業において調査、分析、企画などの職務を担当する、国際認識や高度の専門知識を要求される専門人。
  4. 内外の高度教育機関、国公立私立の研究機関ないし調査機関の研究者。

博士後期課程では:

  1. 官民諸団体の調査・開発・企画・調整など担当するテクノクラート。
  2. 大学その他の教育・研究機関における研究者。

本学の教育理念の基本にあるのは、全人的教育であるリベラル・アーツです。大学院においても上記の人材目標と同時により幅広い知識の修得ができるような研究指導を目指します。現代社会と人間行動に関して深い洞察力を求めようとする意欲ある学生を求めています。

物流情報学研究科

物流情報学研究科では、物流情報に関する分野の専門的知識を有する高度職業人、または創造性豊かな研究者の養成を目指しています。
修士課程は、物を生産し消費者へ届けることが使命の製造業や流通業にとって、必要不可欠な物流、さらに従来の物流の領域を越え、生産をうまくコントロールし、欲する消費者へ過不足なく提供する仕組み、いわゆるロジスティクスの効果的な実現という課題に対して、根本的かつ総合的に研究し、専門的知識を修得することを目的としています。本課程では、このような課題の解決に向けて、真摯な姿勢で研究に臨み、目的を実現しようとする積極的な国内外の人材を受け入れる方針です。上記のような学生像を前提として、入学定員20 名の選抜を実施しています。
博士後期課程では、ロジスティクスに関わる優れた専門知識を修得した高度専門家として研究に携わる人材を養成することを目指しています。真摯な姿勢で研究に臨み、目的を実現しようとする積極的な国内外の人材を受け入れる方針です。上記のような学生像を前提として、入学定員5 名の選抜を実施しています。

法学研究科

近年、企業及び自治体のガバナンスにおいて、組織の構築と健全な運営に資する識見と法的知識をはじめ、紛争の事前回避のための予防法学的知識、万一紛争が生じた場合の対応などの法的需要ないし法務(リーガルガバナンス)に応じ得る人材の社会的需要が大きくなっています。法学研究科リーガルガバナンス専攻(修士課程)は、このような社会的需要に応じた高度かつ先進的な法律知識とリーガルマインドを有する専門的職業人あるいは研究者の養成を図ります。

スポーツ健康科学研究科

本研究科のディプロマポリシー、カリキュラムポリシーに基づき、次の人材を求める。

  1. スポーツ健康科学を学ぶのに必要な知識を有する者
  2. 生涯スポーツ及び競技スポーツの振興・推進に貢献できる、専門的な知識や技能を有する高度職業人(スポーツプロモーションリーダー)を目指す者
  3. 健常者及び障害者を含めたスポーツについて、科学的分析、医科学的サポート、マネジメントなど様々なかかわり方を探求しようという強い意欲のある者