RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

大学情報ごあいさつ

ごあいさつ

学長 野尻俊明

 流通経済大学は、お陰様で今年創立50周年を迎えることができました。1965年に経済学部経済学科のみの単科大学として茨城県龍ケ崎市に創設された本学も、現在では龍ケ崎、新松戸(千葉県)の2キャンパス、5学部8学科、5つの大学院研究科(修士課程、博士課程)を擁する社会科学系を中心とする中規模総合大学に成長することができました。また、1985年には高校・大学の密接な連携による高等教育を行うため、千葉県柏市に流通経済大学付属柏高等学校を設置いたしております。こうした充実、発展の実現は、ひとえに産業界、地域社会の皆様をはじめとする関係各位のご協力、ご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

 ところで、本学は開学以来「空理空論を語らない実学主義を標榜し、徹底したリベラルアーツの基礎の上に、実業に強い人材の育成」を目標としてきましたが、この背景には世界有数の総合物流企業である日本通運㈱の出捐に係るわが国最初の産学協調型大学としての矜持があります。すでに3万人以上の卒業生を世に送り出しておりますが、交通、流通部門をはじめ金融、商社等のサービス産業分野、公務、教育、スポーツの分野、さらには海外でも多くの卒業生が活躍し、一定の評価を得ています。今後も、建学以来脈々と受け継がれてきた学生一人ひとりを大切に、丁寧に育てるという教育の基本理念を礎に、社会の骨格を支える有為な人材の輩出に努めていきたいと考えております。

 これからの流通経済大学は、半世紀の歴史を踏まえて社会の変化をより一層直視して教育内容、システムの充実を図り、先進的な大学教育を行っていくことにしております。環境問題、人口問題等わが国社会が抱える諸問題の深刻化は、あらゆる意味で過去の延長線上に今後のありようを考えることを困難にしています。グローバル化、高度情報化された社会、産業という基盤の著しい変化を認識して、知性豊かで、心身ともに快活な、社会に貢献できる若者を育てていきたいと考えております。
 今後とも本学の教育理念、活動に一層のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

流通経済大学
学長 野尻俊明

[略歴]

昭和48年3月 流通経済大学経済学部卒業
昭和54年3月 日本大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得満期退学
昭和54年4月 (株)日通総合研究所入社
平成元年4月 流通経済大学社会学部助教授
平成6年4月 流通経済大学社会学部教授、流通情報学部教授を経て法学部教授
平成14年11月
~平成20年11月
流通経済大学学長
平成25年6月 学校法人日通学園専務理事
平成27年4月 流通経済大学学長

[主な公職]

平成14年4月 東京新大学野球連盟会長
平成18年6月 千葉県物流戦略推進協議会会長(平成23年5月まで)
平成21年12月 金融庁「自動車損害賠償保険審議会」特別委員
平成22年4月 経済産業省「中小企業政策審議会」臨時委員(平成25年8月まで)
平成27年3月 国土交通省「交通政策審議会」委員
主な著書 『規制改革と競争政策―アメリカ運輸事業のディレギュレーション』(白桃書房 昭和59年)
『USフレイト・インダストリーズ』(白桃書房 昭和63年)
『貨物自動車政策の変遷』(流通経済大学出版会 平成26年)
専門分野 独占禁止法の研究
運輸事業政策の研究
所属学会 日本経済法学会
日本交通学会
日本物流学会
趣味 バードウオッチング