スポーツ健康科学部

酒入 陽子

酒入 陽子(サカイリ ヨウコ)

SAKAIRI, Yoko

学位:

所属 (学部・職位・学内役職)

スポーツ健康科学部 教授

連絡先/ホームページ

sakairi@rku.ac.jp

学歴/経歴

学習院大学人文科学研究科史学専攻博士前期課程修了
学習院大学人文科学研究科史学専攻博士後期課程単位取得退学

担当科目

歴史学入門(日本史)、日本史概説

授業・ゼミ

【指導方針】/【講義の目標】/【学生への希望】
歴史学入門では、多角的な視点・客観的な視点の獲得を目指し、春学期は対外関係史を、秋学期は中近世移行期の歴史を取り扱います。教職科目の日本史概説では、歴史的な見方・考え方を重視しながら、通史的な視点の獲得を目指します。普段から、世界で何が起こっているのかに興味をもって、広い視野から物事を客観的にみるよう心掛けてください。

研究・専攻分野

日本史 中世~近世移行期

研究テーマ

・中近世移行期の在地構造の変容
・東海・甲信越・北関東の地域史
・中近世移行期の本山派修験の組織化

著書・論文・研究発表

【著書】【論文】【研究発表】
・「家康家臣団における大須賀康高の役割」『日本歴史』612号、1999年
・「懸川開城後の今川氏真について」『戦国史研究』39号、2000年
・「徳川四代将軍家綱生母宝樹院と富士山御師三浦家 -小山周辺地域との関わりを中心にして-」『小山工業高等専門学校研究紀要』40号2008年
・「富士山御師三浦家とその由緒 ―彦根井伊家との関係を中心に―」(甲州史料調査会編・高埜利彦監修『富士山御師の歴史的研究』(山川出版社、2009年)
・「下館藩主黒田直邦の暇 -正徳三年「暇之記」に見える黒田直邦-」『小山工業高等専門学校研究紀要』42号、2010年
・「今川氏真子息、澄存について―近世初期、本山派修験再編との関わりから―」(小和田哲男先生古希記念論集刊行委員会編『戦国武将と城』、サンライズ出版、2014年

所属学会

戦国史研究会
歴史学研究会
地方史研究協議会
静岡地域史研究会

社会貢献活動

学生へのメッセージ

大学生という立場に感謝して、人生の道草を大いに楽しんでください。何にでも興味をもって挑戦してみてください。大学時代の出会いや経験が、その後の人生を、実りある豊かなものにしてくれると思います。