社会学部国際観光学科

福井 一喜

福井 一喜(フクイ カズキ)

Fukui Kazuki

学位:博士(理学)

所属 (学部・職位・学内役職)

社会学部 助教

連絡先/ホームページ

kfukui@rku.ac.jp
fukui@fki.me

学歴/経歴

筑波大学大学院博士後期課程生命環境科学研究科地球環境科学専攻地誌学分野 修了
筑波大学大学院生命環境系 博士特別研究員 など

担当科目

観光地理学、経済地理学、観光地理(国内・基礎)、観光地理(国内・発展)

授業・ゼミ

【指導方針】
・自由な思考力・総合的思考力を養う指導

【講義の目標】
・単純に見えるけれど複雑な講義
…複雑な問題の複雑さがわかりやすいように
・創造的な講義
…学生が講義を聞いて色々なことを考えたくなるように

【学生への希望】
・オリジナルな問題を見つけて,オリジナルな方法で,オリジナルな答えを出せる人間になってほしい.

研究・専攻分野

人文地理学

研究テーマ

・情報社会化をめぐる空間変容
 ・温泉観光地の発展に必要なことは何か?
 ・SNSは若者が観光する場所を変えるのか?
 ・ITベンチャー企業を成長させる空間とは?
・地方商店街の地域活性化
・情報流通の地域的差異性

著書・論文・研究発表

【論文】
福井一喜 2017.温泉観光地における需給接合と情報流通の再編―群馬県草津温泉における宿泊業のインターネット利用の分析から―.地学雑誌,126,5951-615.
福井一喜 2016.東京のベンチャーIT企業をめぐる情報技術者コミュニティの役割―東京の大規模会合の分析を通して―.経済地理学年報,62,87-101.
福井一喜・金 延景・上野李佳子・兼子 純 2016.地方都市の中心商店街における新規事業の創出―長野県佐久市岩村田本町商店街の事例―.都市地理学,11,59-70.
福井一喜 2015.群馬県草津温泉における宿泊業のインターネット利用の動態―宿泊施設の経営戦略に着目して―.地理学評論,88,607-622.
福井一喜 2013.新聞広告を介した情報流通の地域的差異性―新聞間の比較分析から―.地理空間,6,141-150.

【研究発表】
福井一喜 2018.東京大都市圏における若者の観光・レジャー情報の受発信とSNS.日本地理学会2018年春季学術大会(於:東京学芸大学).
福井一喜 2015.「トランスナショナル化するアントレプレナーシップ」の形成―オープンソース・コミュニティを介した広域的知識流動の分析から―.日本地理学会2015年春季学術大会(於:日本大学).
福井一喜 2014.新聞広告を介した情報流通の地域差:情報流通の空間性に関する一考察.日本地理学会2014年春季学術大会(於:国士舘大学),情報地理学研究グループ.
Kazuki Fukui 2013. Structural changes in Japanese traditional spa through utilization of the internet in accommodation: A case study of Kusatu Onsen, Gunma prefecture. IGU Kyoto Regional Conference (Kyoto City, Japan).(査読つき)
福井一喜 2013.宿泊業者のインターネット利用による温泉観光地の構造変化−草津温泉を事例に−.日本地理学会2013年春季学術大会(於:立正大学).
福井一喜 2012.長野県飯田市におけるローカル新聞を用いた広告活動の展開.第5回地理空間学会大会(於:筑波大学).
福井一喜 2010.新聞広告の趨勢と地理的ターゲティングの効用.日本地理学会2010年秋季学術大会(於:名古屋大学).

所属学会

日本地理学会
東京地学協会
人文地理学会
経済地理学会など

社会貢献活動

学生へのメッセージ

あせらずゆっくりと考えて,自由な知性を育てましょう.