スポーツ健康科学部大学院スポーツ健康科学研究科

小谷 究

小谷 究(コタニ キワム)

KOTANI Kiwamu

学位:博士(体育科学)

所属 (学部・職位・学内役職)

スポーツ健康科学部 大学院 スポーツ健康科学研究科 准教授

連絡先/ホームページ

学歴/経歴

日本体育大学 体育学部 体育学科 卒業
日本体育大学大学院 体育科学研究科 体育科学専攻 博士前期課程 修了
日本体育大学大学院 体育科学研究科 体育科学専攻 博士後期課程 修了

担当科目

コーチング概論、コーチング論

授業・ゼミ

【指導方針】
  ロールプレイングを交えながら指導を進めます。

【講義の目標】
  コーチが身につけるべき知識、技能、態度について考えを深める。

【学生への希望】
  積極的にロールプレイングに参加してください。

研究・専攻分野

スポーツ史
コーチング学

研究テーマ

バスケットボール競技における戦術の変容過程

著書・論文・研究発表

【著書】
『バスケットボール用語事典』(2017)廣済堂出版
『日本体育大学バスケットボール研究室・授業用テキスト NSSU Basketball Laboratory textbook』(2017)三恵社
『大学一般教養体育バスケットボール競技授業指導者用テキスト』(2016)三恵社
【論文】
小谷究(2017)日本バスケットボール競技におけるアウトサイドスクリーンの採用過程に関する研究.身体運動文化研究,22(1)
小谷究(2016)日本のバスケットボール競技におけるゾーンディフェンスの採用過程に関する史的研究(1930年代−1940年代初期):オフェンスとディフェンスとの相関関係に着目して.身体運動文化研究,21(1)
小谷究(2015)日本のバスケットボール競技におけるオフボールスクリーンの採用過程に関する研究.運動とスポーツの科学,21(1)
小谷究(2015)日本のバスケットボール競技におけるファストブレイクに関する史的研究—1930年代のルール改正とコートの大きさに着目して—.バスケットボール研究,(1)
小谷究(2015)日本のバスケットボール競技におけるオフェンス参加人数に関する史的研究(1920年代初期~1930年代初期):5人でのオフェンスの採用過程に着目して.東京体育学研究,6
小谷究(2014)日本のバスケットボール競技におけるアサイン・マンツーマンディフェンスの採用過程に関する研究(1920年代後半—1930年代前半).運動とスポーツの科学,20(1)
小谷究(2014)日本のバスケットボール競技におけるファイブマン・ツーライン・ディフェンスに関する史的研究.体育学研究,59(2)
小谷究(2014)日本のバスケットボール競技におけるゾーンディフェンスの導入過程に関する史的研究―Franklin H.Brownが紹介した3-2ゾーンディフェンスに着目して―.スポーツ史研究.(27)
小谷究(2013)1920年代の日本におけるバスケットボール競技のファストブレイクに関する史的研究―スリーパー・オフェンスの採用と衰退に着目して―.運動とスポーツの科学,19(1)

所属学会

日本バスケットボール学会
日本コーチング学会
日本体育学会
スポーツ史学会
身体運動文化学会

社会貢献活動

学生へのメッセージ

バスケットボールが大好きです。一緒にバスケットボール談義に花を咲かせましょう。