社会学部大学院社会学研究科社会学科

山岸 直基

山岸 直基(ヤマギシ ナオキ)

YAMAGISHI Naoki

学位:

所属 (学部・職位・学内役職)

社会学部 大学院 社会学研究科 教授

連絡先/ホームページ

yamagishinaoki@gmail.com

学歴/経歴

駒澤大学大学院博士後期課程満期退学。
駒澤大学文学部心理学科助手等を経て現職。

担当科目

行動分析学、学習心理学、知覚心理学、心理学実験演習、心理学基礎実験

授業・ゼミ

【行動分析学】
人はなぜそのように行動するのかを分析することにより、これまでわかっていること、分析する方法について学びます。

【心理学基礎実験】
心理学の古典的な実験を体験し、その結果をレポートにまとめます。心理学領域で卒業論文を作成するための大事なステップのひとつです。課題はやや多めです。

【知覚心理学】
さまざまな錯覚を体験しながら、人間の知覚について学びます。

研究・専攻分野

行動分析学、学習心理学、実験心理学

研究テーマ

オペラント条件づけにおける行動変動性の機能

著書・論文・研究発表

【最近の論文】
人間における時間間隔をおいた行動の形成:並行スケジュールによる行動の変異と淘汰の制御 行動分析学研究(2017)
反応間間隔の変動性に対する異反応強化手続きの効果 行動科学(2016)

所属学会

日本行動分析学会、日本基礎心理学会、行動科学学会、日本心理学会
Association for Behavior Analysis: International

社会貢献活動

学生へのメッセージ

大学での学生生活は、自分のやりたいことに好きなだけ時間を割くことができる貴重な「とき」です。いったん社会人になるとそのような「とき」はもう戻ってきません。今のうちに、いろいろなことに関心をもち、それを深く掘り下げてみてください。サークル活動に熱中したり、家にこもって好きな映画に没頭したり、長い期間どこかに旅行をしたり、図書館で興味のおもむくままにいろいろなことを調べたり、友だちと夜を明かすまでとりとめのない話をしたり、今しかできないことを、とことんやってください。皆さんにとって大学生活が実り多きものとなるように願っています。