社会学部 社会学研究科

幸田 麻里子

幸田 麻里子

幸田 麻里子(コウダ マリコ)

KODA Mariko

学位:博士(観光学)

所属 (学部・職位・学内役職)

社会学部 社会学研究科 教授 (国際観光学科)

連絡先/ホームページ

koda-mariko(あっとまーく)rku.ac.jp

学歴/経歴

最終学籍:立教大学大学院観光学研究科博士課程後期課程単位取得満期退学
学位:博士(観光学)

担当科目

観光概論/観光心理学/観光教育論

授業・ゼミ

「ゆたかな観光」を実践できる、また多文化共生社会の担い手となる、自主的な参画意識をもって学問に取り組める学生を育てる。また、学問だけではなく「人間力」をもった学生とすることを目標とする。

研究・専攻分野

観光学

研究テーマ

観光者の心理、サービスとホスピタリティ、観光と異文化理解

著書・論文・研究発表

・会いたい気持ちが動かすファンツーリズム -「韓流」ブームが示唆したもの、「嵐」ファンに教わったこと- 流通経済大学大学出版会 2020年
・女性のライフステージと「家族の理解」の重要性 「流通経済大学社会学部論叢」第29巻第2号 2019年
・テレビアニメにみる日本の大衆文化の位置づけの変遷 「流通経済大学社会学部論叢」第28巻第1号 2017年

所属学会

日本観光学会、日本観光研究学会、異文化コミュニケーション学会

社会貢献活動

2018年~ 松戸市都市公園整備活用推進委員会委員
2018年~ 茨城県地方港湾審議会委員
2019年~ 茨城県景観審議会委員
2020年~ 茨城県営業戦略部営業企画課指定管理者選定委員会委員
2021年~ 港湾施設等指定管理者選定委員会委員

学生へのメッセージ

大学での4年間は長いようで短いです。高校時代までよりもはるかに多くのことを自分で選択できるようになるので、たくさんのことにチャレンジすることができるようになる一方、何も選択しなければ何もしないで時間では過ぎていきます。この4年間で自分がした選択が、これから長い未来の自分を決め、時には変えることもあります。充実した4年間と「なる」のではなく、自分で「する」よう、何事にも前向きに取り組んでみましょう。