最新情報

  • TOP
  • 最新情報
  • 手形・足形アートで七夕飾り RKUプレイセンター活動報告

手形・足形アートで七夕飾り RKUプレイセンター活動報告

630()RKU常盤平団地コモンズステーションにて「手形・足形アートで七夕飾り」の製作をしました。
(参加者:保護者11名・子ども14名・学生4名)
本日のワークショップ担当は、脇田桂子先生。いつも、プレイセンターの学習講座を実施する際に、託児をしていただている保育者の先生です!



ワークショップは、七夕クイズからスタートしました。
童謡「たなばたさま」に出てくる五色の短冊の5色とは何色でしょう?という難しいクイズも難なくクリアする子どもたち。

         

学生たちも、「小さい手~!かわいい」と手形・足形の型取りサポートをしながら、パパやママ、乳幼児との会話を弾ませていました。

     
 「スカイツリーにのぼれますように! Tくん」     「おいしいオムライスが食べたいです。 Rちゃん」

おりがみを用いた七夕飾りも上手に作ることができました。完成後は、七夕飾りを見せ合い、短冊のお願いごとを発表タイム。
終わりの会では、「たなばたさま」を全員で歌いました。



子どもたちの書いた短冊のお願いごとは、「お空を飛べますように!」「優しい人になれますように」といった素敵な願い事ばかり。
参加者からは、「学生さん達、素晴らしいですね!やる気もあるし、テキパキ動けて有望です‼️」
「楽しい時間を過ごさせていただきありがとうございました。学生さん、皆んな一生懸命でしたね。素敵な学生さんばかりでした。」
と感想が寄せられました。

次回のプレイセンターは、7月21日()に実施される「海の日アートフェス2024」にて実施します。
いつもの常盤平団地コモンズステーションではなく、流通経済大学・新松戸キャンパスまでお越しください。
学生でサポート役として参加したい方は、ダイバーシティ共創センターまでお問い合わせください。

お問い合わせ先:ダイバーシティ共創センター diversity@rku.ac.jp

*当ホームページへの写真掲載は、本人または、保護者の許可を得ております。
無断での転送・転載は禁止とさせていただきます。