最新情報

  • TOP
  • 最新情報
  • 大塚ゼミ(3・4年)にて他大学との合同ゼミを実施

大塚ゼミ(3・4年)にて他大学との合同ゼミを実施

大塚ゼミ(3・4年)にて他大学との合同ゼミを実施

法学部の大塚ゼミは、12月8日、栃木県の白鴎大学で同大学法学部の茂木ゼミとの間で合同ゼミを行いました。この合同ゼミは今年で3度目の開催となりますが、今回は大阪経済大学で租税法を担当されている漆先生に問題を作成していただき、民法と租税法に関わる問題について白熱したディスカッションが行われました。
学生たちは、問題が発表されてから合同ゼミまで間のおよそ1ヶ月間に渡って、ゼミの授業時間だけでなく授業の空き時間や放課後の時間を利用して問題の分析と立論の準備に励んできました。その結果、当日のディスカッションではお互いに優劣をつけがたいような堂々とした議論が展開され、それぞれの民法や租税法に関する理解を深めることができました。
また、合同ゼミの後は恒例の懇親会も開かれ、普段交流することのできない他大学の学生たちと和気藹々と親睦を深めることもできました。
合同ゼミは、学生にとって普段のゼミでの学習の成果を披露する機会となるだけでなく、ゼミ生間の結束を高め、また他大学の学生とも交流することのできる貴重な機会となることから、来年度以降も続けていきたいと考えています。