最新情報

メディア掲載

法学部学術・研究情報 9月分

法学部の村田彰教授の論文「高齢社会に求められる自筆証書遺言のあり方――高齢者の精神機能の特性を踏まえて」が『実践成年後見』58号(民事法研究会)に載りました。

『実践成年後見』58号は、特集として『成年後見と連続・保管するもの」を組み、成年後見制度を利用する前段階での支援のあり方はどのようにすればいいのだろうか、また、成年後見制度と並ぶ別の制度はないのか、更には、判断能力が減退する前に自己の意思を実現するための制度はないのか、などという観点から、ホーム・ロイヤー、日常生活自立支援事業、信託、任意代理、死後の事務委任契約、遺言を取り上げています。村田教授は、このうちの遺言について担当し、その中でも、最も手軽に利用できる自筆証書遺言の問題点を解決ないし回避する方法を検討して、これから本格的に到来する超高齢社会に求められる自筆証書遺言のあり方を示しています。

法学部学術・研究情報 9月分