僕らのREAL DAYS 私を変えるのは、私しかいない。 経営学科4年 持田実咲

マーケティングの楽しさを、イベントが教えてくれた。

一組、また一組とお客様が店舗に足を運んでくださった時の光景は、いまも目に焼き付いていますね。バイト先のファストフード店でイベントを開催した時のこと。実はこの店舗、売り上げが伸び悩んでいて、マネージャーを任されている私としては何とかしなければと思っていたんです。そこで店長やスタッフに「やってみませんか?」と声をかけて開催したのが、「キッズのお仕事体験」。それが毎回満席になるほどの人気イベントになるとは思いもしませんでした。

売上を伸ばせたことより、参加者の笑顔がうれしかった。

イベント当日は、まずお子様にユニフォームに着替えてもらい、「手の洗い方はこうね」「ハンバーガーはこう作るんだよ」と教えた後、みんなで一緒に作ります。子ども達は真剣な表情でバンズにケチャップを塗ったり、肉をはさんだり。むしろテンションが上がっているのは親御さんの方で、我が子の働く姿をパシャパシャ撮影する様子が印象的でしたね。その光景を見ながら思ったのは、「どう売り上げを伸ばすかより、どうすればお客様に喜んでもらえるかを考えるのが重要なんだ」ということ。さらにイベントを通しスタッフとの距離がグッと近づいて、失敗しようが、まずは動いてみることの大切さを改めて感じたんですね。そしてそれらを最初に教えてくれたのがマーケティングを学ぶ小沢ゼミでした。

ゼミでは、チームでスポーツ大会を企画して大成功。

大阪弁が特徴的な小沢佳奈先生のゼミは、毎回の発表も「緊張しとる場合ちゃうで」とすごくフランクな雰囲気。その中で「チーム対抗でイベントをやろう」という課題のもと、大学生の運動不足解消を目指したスポーツ大会に挑戦したんです。「体育館はどこを押さえる?」「集客はSNS?」「ポスターは?」。額を寄せ合って考える毎日は、時に意見がぶつかるのさえ楽しかった。すると当日は予想以上の人が集まり、「久々に体、動かしたよ」「楽しかった」と大成功。来てくれた人も、スタッフも笑顔なのを見て、みんなで何かを作るのっていいなと思ったんですよね。それに今はバレーボールサークルも立ち上げて、メンバーも80人まで増えているところです。
実は私、4月の自己紹介では「緊張する方で、人前で喋るのも苦手」と言っていたんです。でもゼミやバイト、インターンシップなどを体験する中で、半年後改めておこなった自己紹介では「挑戦するのが好き」に変わっていた。こんな形で自分の成長を知るのも嬉しいものですね。

春からは銀行員。商品ではない商品を売りたい。

就活でもチャレンジ精神で面接に臨み、内定を頂いたのが銀行でした。これまでマーケティングを学び、「商品をどう売るか」を考えてきましたが、信頼という「商品ではない商品を売る」という点に、自分が試されているようで新たな闘志が沸いたんです。勿論、売る商品が変わっても、「お客様を笑顔にするにはどうすればいいか」はずっと考え続けるつもり。そして何か銀行を良くするアイデアを思いついた時は、社員の皆さんに「やってみませんか?」と言える自分でありたいと思います。

持田さんよりひとこと

「人前で話すのは苦手」という人も、RKUなら大丈夫。「どんどん失敗していいよ」という先生のもとプレゼンや発表ができるから。きっと卒業する頃には自分の成長に驚くはずですよ。

経営学科4年
持田 実咲

REALな一問一答

  • 出身地 千葉県
  • 血液型 A型
  • 星座 みずがめ座
  • 趣味 ピアノ、スポーツ、カメラ
  • 出没スポット ディズニーランド、カフェ、観光スポット
  • 好きな音楽 J−POP
  • 好きなアーティスト EXILE、AAA
  • 好きな食べ物 寿司、グレープフルーツ
  • 今一番行きたい国 アメリカ、イタリア
  • 愛読書 ゴルゴ松本さんの「あっ!命の授業」
  • 尊敬する人物 松岡修造さん
  • 最近一番うれしかったこと EXILEのLIVEチケットが当選したこと!
  • 休日は何をしている? バイト、趣味のこと、友人とお出かけ
  • 無人島に一つだけ持っていくとしたら 大切な人
  • 子供の頃の夢 幼稚園の先生
  • 10年後、何をしている? 仕事と家庭の両立!
  • RKUの一番の魅力 4年間のゼミ、無料の課外講座も充実している
  • 高校生にひとこと 今を大切に!色々なことに挑戦してみてください!
他の学生を見る

※掲載内容は取材時のものです。また学年は2015年6月現在のものを採用しています。