最新情報

  • TOP
  • 最新情報
  • 新型コロナウイルス感染防止対策の徹底について(お願い)

新型コロナウイルス感染防止対策の徹底について(お願い)

在学生・教職員の皆様へ

新型コロナウイルス感染防止対策の徹底について
(お願い)

流 通 経 済 大 学
学長 野尻 俊明

 在学生及び教職員の皆様には、長期にわたり新型コロナウイルス感染防止対策にご協力をいただいておりますこと、あらためまして感謝申し上げます。
 ご承知の通り、今月に入り新規感染者数が全国的に急増しています。本学のキャンパスが所在する茨城県では11日に感染症対策ステージを上から2番目の「3」に引き上げ、千葉県では21日の感染者数が過去最多となり、隣接する東京都では19日に警戒レベルを「最も深刻なレベル」に引き上げています。また、国は「寒冷な場面における新型コロナウイルス感染防止等のポイント」及び「感染リスクが高まる5つの場面」を提示し、すべての国民に対し感染防止対策の徹底を呼び掛けています。
 本学においては、秋学期以降、入構時の検温や3密回避、消毒対策等々の感染防止対策を講じながら対面授業も行っておりますが、これらの対策を継続し徹底するとともに、在学生及び教職員の皆様には日常生活を含め、あらためて自らの生命と健康、安全を守るための「感染しない行動」と、ご家族やご友人、同僚や周囲の方に「感染を広げない」ための責任ある行動を実践していただけますよう、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

【本学の新型コロナウイルス感染症拡大防止のための対応策について】
https://www.rku.ac.jp/guidance/pdf/top/rku_1030.pdf

【感染の可能性や感染者と接触した可能性がある場合の対応について】
少なくとも以下のいずれかに該当する場合は、すぐに「帰国者・接触者相談センター」(地域により名称が異なることがあります。)に相談して指示に従うとともに、大学の総務課に連絡してください。

-息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合。
-重症化しやすい方※で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合。
 ※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、
  免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
-上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合。

 自分自身やご家族、大学の友人や職場の同僚などが感染症の確定患者と接触した可能性がある場合
は、速やかに総務課に連絡して指示に従ってください。

【新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA※」をご利用ください】
 ※COVID-19 Contact Confirming Application
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html
厚生労働省が、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、新型コロナウイルス感染症対策テックチームと連携して開発したスマホアプリです。
お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。
また、陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。

以上