最新情報

秋学期の授業方式決定について

2020年8月26日


在学生・保護者・本学関係者の皆様へ


流 通 経 済 大 学
学長 野尻 俊明

秋学期の授業方式決定のご連絡

 
 厳しい残暑の日々が続いておりますが、皆様にはご清栄のこととお慶び申し上げます。
 早速ながら、8月18日付けの本学ホームページ掲載の文書でご連絡させていただきました通り、9月 21日から始まる秋学期は新型コロナウイルス感染症の未収束を考慮して、対面授業とオンライン授業を併用して行うこととしております。これは学生・教職員等の「健康と生命」を守ることを最優先に考えての措置であります。他方、本学は学生の皆さんに充実した教育を提供するという教育機関としての重い責務と使命も強く認識しておりますので、対面授業あるいはオンライン授業となる具体的な学年、科目等を鋭意検討してまいりました。
 その結果、秋学期においては徹底した感染防止対策を取った上で、①全学部の1年生及び4年生の「演習(ゼミ)」(なお、経済学部経営学科の4年生については若干取り扱いが異なりますので、経営学科については別途ご連絡いたします)、②スポーツ健康科学部の実技科目の一部(全学年)、③全学部の資格取得に関する実習関連科目の一部(全学年)を、教室における対面授業として実施し、他の科目はオンライン授業とさせていただ くことにいたしました(②③につきましては、別途関係学生に詳細を連絡いたします)。
 なお、上記①②③の授業におきましても、大学への登校が困難な学生(国内遠隔地在住、外国在住留学生、健康上の事由がある等)につきましては、科目担当教員もしくは本学 教務課に事前に連絡をお取りいただいた上で、対面ではなくオンラインにより授業に参加 (出席)することを認めることにいたしました。
 また、対面授業におきましては徹底した感染防止対策の必要から、授業時間、教室等 が変更となる場合がありますので、9月4日までにRingに掲載して詳細をご連絡させていただきます。
 新型コロナウイルス感染症の今後につきましては、専門家の見解も分かれており決して油断ができません。11月以降の風邪、インフルエンザ流行期には、再度感染拡大の危険もあるようですので、状況によっては授業方式について再度の変更が生じる可能性もあります。その際は「健康と生命」を守ることを第一に考え本学の対応を決定し、速やかにご連絡させていただきますので、ご承知おきいただきたくお願い申し上げます。
 本学といたしましては、新型コロナウイルスの感染拡大という予期せぬ事態の発生とはいえ、すべての授業を予定通り対面で実行できないことは痛恨の極みであり、誠に申し訳なく思っております。改めて心よりお詫び申し上げますとともに、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
 なお、オンライン授業の内容につきましては春学期の経験を踏まえて、秋学期はより学生の皆さんの学力、専門技能の向上に資するよう改善を図ることにしております。
 末筆ながら、皆様のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。

以上