最新情報

  • TOP
  • 最新情報
  • 【注意喚起】新型コロナウイルスへの対応について(第2報)

【注意喚起】新型コロナウイルスへの対応について(第2報)

                              2020年3月12日更新
                                流通経済大学

教職員・学生及び保護者の皆様へ


中国を中心に感染の拡大が見られる新型コロナウイルスについては、本学ホームページ等
において注意喚起等を行っております。
日本国内でも感染が拡大していますので、手洗い、うがいを励行し、不要不急の外出を
控えるなど感染予防に努めてください。

下記については、3月11日時点のお知らせとなります。これからの新型コロナウイルス
感染症の影響拡大に伴う社会状況の変化等により、その内容を後日変更させていただく
場合がありますので、厚生労働省、外務省の海外安全、国立感染症研究所等のホーム
ページで最新の情報をお確かめください。


日本政府は現在、以下の条件に該当する場合、入国を制限していますので、ご注意
ください。

1)入国前の2週間以内に、日本政府の定めた感染症危険レベル3(渡航中止勧告)
地域の渡航歴がある場合は、本邦への入国ができません。したがって入国制限が
解除されるまで、来日はできません。

【現時点での感染症危険レベル3地域】
 中国:湖北省、浙江省
 韓国:大邱広域市、慶尚北道清道郡、慶尚北道慶山市、安東市、永川市、漆谷郡、
   義城郡、星州郡、軍威郡
 イラン:コム州、テヘラン州、ギーラーン州、アルボルズ州、イスファハン州、
   ガズヴィーン州、ゴレスタン州、セムナーン州、マーザンダラン州、
   マルキャズィ州、ロレスタン州
 イタリア:ロンバルディア州、ヴェネト州、エミリア=ロマーニャ州、ピエモンテ州、
   マルケ州、
 サンマリノ 

2)3月9日~31日の間(この期間は延長される場合があります)、中華人民共和国
ならびに韓国から入国する場合、日本人、外国人を問わず、隔離、停留、または
検疫所長の指定する場所(自宅等)に14日間待機し、国内の公共交通機関を使用
しないことが要請されます。

3)入国前の2週間以内に、日本政府の定めた感染症危険レベル2(不要不急の渡航
中止)地域の渡航歴がある場合は、自宅等で入国後2週間の経過観察期間を設けて、
コロナウイルス感染の有無の経過を見ることになります。

本学としては、この入国制限によって、該当する学生の新学期からの修学が不利益
にならないように配慮いたします。状況把握と今後の連絡のため、上記に該当した
教職員、学生は、速やかに総務課へご連絡ください。


(電話:0297(60)1151 メール:soumu@rku.ac.jp)
                                    以上