最新情報

  • TOP
  • 最新情報
  • 恩田教授がウィーンの国際学会で座長として参加し発表しました

恩田教授がウィーンの国際学会で座長として参加し発表しました

恩田教授がウィーンの国際学会で座長として参加し発表しました

社会学科の恩田教授がウィーンで開催されたISA(International Sociological Association)の第3回Forum(2016年7月10日~14日、ウィーン大学)において、Sociology of Disasters委員会のRural and Community Ties部会でSession Organizerとして参加するとともに、Rebuilding Communities Following the GreatEast Japan Disaster: Restoration of Ties among the Victimsのタイトルで報告者として発表しました(7月14日)。発表の要旨は別紙のとおりです。

関連リンク