最新情報

  • TOP
  • 最新情報
  • 3年恩田ゼミが地域づくりをテーマに8月神津島で合宿を行いました

3年恩田ゼミが地域づくりをテーマに8月神津島で合宿を行いました

3年恩田ゼミが地域づくりをテーマに8月神津島で合宿を行いました

社会学科3年恩田ゼミは、神津島で8月6日(水)から8日(金)まで地域づくり(シマ社会の活性化)をテーマに合宿を行いました。台風11号の関係で日程を1日繰り上げての実施です。

一日目(6日)は浜松町の竹芝客船ターミナルを23時に出発し、東海汽船の大型客船で神津島に向けて出港しました(船中泊)。二日目(7日)は台風の影響で神津島の前浜港と三浦港ともに接岸できないため式根島で船が引き返すことになり、急きょ新島で下船しました。レンタカー2台に分乗して島内を視察しました(写真上:台風で新島に立ち寄り)。台風による直接の影響を受ける前の富士見峠展望台からは式根島と神津島がはっきり見えました。

この後新島に宿泊予定でしたが、神津島村役場のご厚意で新島からのチャーター船に乗ることができ神津島に滞在することになりました。民宿では夕食後70代の方から人口が多かった古き良き時代の神津島の話を聞きました(写真左:神津島の民宿での聞き取り)。

三日目(8日)は午前中神津島村役場を訪問し、前田企画財政課長から村の基本計画や島民と行政の協働による島づくりについて話を伺いました(写真中央:神津島村役場での聞き取り)。

ゼミ生からの質問にも課長が丁寧に答えていただき、大変貴重な時間を過ごすことができました。過疎化・高齢化が進行し、地域固有の資源を活かした「しまおこし」が喫緊の課題であることを皆実感しました(写真右:神津島村役場前)。この後短い時間でしたが、各自島内を自由に視察しました。台風が接近しつつあるため一日繰り上げて13時30分発の高速船で神津島(三浦港)を出航し、15時25分過ぎ熱海港に着きました。帰りの船では神津島の印象について語り合い、島の将来に向けて熱く意見を交換する姿が見られました。翌日以降神津島発の船はすべて欠航になりましたが、適切な状況判断のもと全員無事帰ってくることができました。

ゼミ生はレポート提出の課題を受けて、さらに暑い日々を過ごすことになります。秋学期のゼミでは現地調査を踏まえ、地域づくり(シマ社会の活性化)の様々なアイデアが期待されます。

(文責:ゼミ担当教授 恩田守雄)

3年恩田ゼミが地域づくりをテーマに8月神津島で合宿を行いました 3年恩田ゼミが地域づくりをテーマに8月神津島で合宿を行いました 3年恩田ゼミが地域づくりをテーマに8月神津島で合宿を行いました