最新情報

  • TOP
  • 最新情報
  • 社会学科の恩田教授が日本テレビから番組の取材を受けました

社会学科の恩田教授が日本テレビから番組の取材を受けました

日本テレビ系列の番組「所さんの目がテン!」が健康長寿で有名な山梨県の「無尽」(むじん)を取り上げることになり、共同出資金による相互扶助の金融システムについて番組制作会社から取材を受けました。
厚生労働省の厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会健康日本21推進専門委員会が2015年12月24日開かれ、2013年の都道府県別健康寿命(推定値)を公表したところ、山梨県が男性72.52歳、女性75.78歳でともに日本一でした。
「健康寿命」とは平均寿命と違い、介助されることなく自立して健康に生活できる寿命を言います。その長寿の秘訣に山梨県で盛んな「無尽」があげられています。
「無尽」とは庶民同士の融資制度で、室町時代に始まったとされる「頼母子」(たのもし)と同じですが、「無尽」という言葉自体は鎌倉時代に遡ることができます。江戸時代以降「無尽」が一般に普及していきました。「頼母子」同様に日本各地で見られた仕組みですが、山梨県では「無尽」と呼ばれ今日に至っています。 
もともと「頼母子」は宗教的な「講」から始まり、神社仏閣への参拝目的で金銭を集めた組織から生活困窮者を救済する仕組みになり、金銭それ自体を集める経済講に変わりました。
高齢者にとっては「無尽」の集まりが気晴らしの場となり、また積み立てたお金で旅行に行ったりします。この親睦の機会が他県よりも多いことから元気だとされています。この点は山梨県立看護大学(現山梨県立大学)が行った
「健康寿命実態調査」(2004年)でも、「無尽」などを使って旅行する仲間がいる人は旅行しない人に比べて「3.1倍健康長寿である」というデータがあります。特に山が多い県内各地を旅行で歩くから健脚だとも言われています。
さらに興味深いのは親よりも子供が先に亡くなる「逆さ仏」現象が山梨県ではおきているということです。これは「無尽」に参加して元気な80代90代の親よりも50代60代の子供のほうが生活習慣病で先に亡くなる例が多いことを示しています。

なお番組は5月15日(日)午前7時放送予定です。