RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

スポーツ健康科学部スポーツ
健康科学科

いのちが輝く時、
スポーツはそこにある。

ゼミナール

スポーツの現場を実際に訪れて学ぶ機会が豊富。
イベント運営やスポーツ記事の執筆体験などもあり刺激的です。

命の尊さを深く考え、命の救い方を正しく学ぶ。

稲垣ゼミ 稲垣 裕美(教授) 専門分野:体育・スポーツ(主に水泳、ライフセービング)

「読む・聞く・書く・話す」の基礎的技術に習熟するとともに、スポーツに限定されることなく広い視野から物事を考え、分析する能力を身につけます。3年生からはライフセービングをテーマに、救命教育や事故防止の視点から探求。事故防止や救命に役立つ実践活動や研究活動も展開します。

他にもさまざまなテーマで学べるゼミを用意
(一部掲載)
● 生理学的観点から健康づくり等について考える 大槻ゼミ
● 発達障害児(者)のスポーツを通した社会適応  金子ゼミ
● 食事と運動による健康づくり指導の実践 膳法ゼミ
● スポーツの技術およびパフォーマンス 高松ゼミ
● スポーツ政策・行政学 田畑ゼミ
● 東南アジア諸国のスポーツ文化 田簑ゼミ
● よい体育授業を創造するための理論・実践  福ヶ迫ゼミ
● スポーツ外傷・障害予防、リハビリテーション、障がい者スポーツ等 山田ゼミ

授業紹介

スポーツ健康科学科 TOPICS
人間力と命の尊さを学ぶ、
沖縄3泊4日の名物「海浜実習」!

沖縄 渡嘉敷島で行われる3泊4日の合宿型実習「海浜実習」。学部生全員が参加し、環境問題や生態系を意識しながら取り組む体験型・ワークショップ型プログラムです。「人間力」と「生命の尊厳」についての理解を深めることを目的として、水中で自分を守るためのサバイバルスイムはもちろんのこと、水難救助の訓練、スノーケリングなど、水辺活動を安全に展開するための方法も学びます。仲間と一緒に苦しいことも楽しいことも体験して、絆を深めながら自身が大きく成長できる合宿です。

カリキュラムポリシー

教育課程の編成・実施方針

スポーツ健康科学科では、建学の理念に基づく教育理念に則り、「スポーツの競技力向上、青少年から高齢者にいたる健康の維持・増進活動、学校教育や社会教育の推進に寄与できる人材の養成」を目標にカリキュラムを構成している。 今日の社会事象を鑑みると、スポーツを専門に学んだ学生が社会において活躍する為には、学問を横断的に学ぶ必要がある。従って、特にコースという縛りを設けず、「専門基礎科目」と「専門発展科目」の科目群で、幅広い知識の修得を目指す。具体的な開講科目は次の通りである。

  1. 上記で示した人材育成を図る為に、「生命いのちの尊厳」と「人間力」を持った人材の育成を特に重視し、必修科目においてこれらの力を創造していく。またコミュニケーション能力および課題発見・解決能力を育成するため、1年次から4年次まで演習科目を配置する。
  2. 国際化社会において必須となる外国語によるコミュニケーション能力を育成する科目を配置する。
  3. 生涯学習のための基礎的知識と、自己実現に向けた能動的な姿勢を育成するキャリア関連科目を配置する。
  4. 人文科学、社会科学、自然科学に対する理解を深める教養科目を配置する。
  5. 専門基礎科目では、今日、スポーツ科学を構成している学問を幅広く修得させる。
  6. 専門発展科目では、発展的かつより専門性を持った科目でカリキュラムを構成する。
  7. スポーツの競技力向上を図る科目を配置する。

資格について

関連する資格講座
● 在学中に必要単位を取れば講習及び試験が免除されるもの
日本体育協会共通科目Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
● 必要授業の単位を取得後、学内で検定試験を受けられるもの
赤十字ベーシックライフサポーター、赤十字救急法救急員
● 必要単位を取れば受験資格が得られるもの
健康運動実践指導者、健康運動指導士、日本トレーニング指導者協会(トレーニング指導者)、日本体育協会アスレティックトレーナー
取得可能な教員資格
● 中学校教諭一種免許状「保健体育」
● 高等学校教諭一種免許状「保健体育」