RKU 流通経済大学

RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

社会学部国際観光学科

国際観光学科のカリキュラム

カリキュラムポリシー

CP1.
社会学的方法を基礎に観光を学修するという観点から、学科基礎科目として観光概論と社会学概論を、研究基礎科目として観光社会学社会調査法等の科目を配置する。
CP2.
英語によるコミュニケーション能力を高めるために、外国語科目の他に、学科の必修科目として観光英語を配置する。
CP3.
国際文化、観光産業、地域イノベーションの三つのモデルを配置し、それぞれの領域において専門的知識を体系的に学修できるよう、講義科目を配置する。
CP4.
旅行業等の観光産業において必要とされる資格の取得を促すために、その導入科目を配置する。
CP5.
観光を通した国際交流、観光産業におけるプロの仕事の体感、地域における観光町づくりへの参加等、多様な観光に関連する現場における主体的かつ実践的な学修が可能となるよう、複数のプログラムを用意したプロジェクト学習を配置する。
CP6.
専門分野である観光に対する理解をより深めるために、社会、経済、経営、法学等において関連する科目を配置する。
CP7.
主体的に問題を発見し解決する能力を段階的に育成するために、1年次から4年次まで、演習(ゼミ)を配置する。また、4年次には、問題発見、解決過程の論理的な表現として卒業論文を課す。
CP8.
生涯に渡り、主体的、能動的に生きる姿勢を養うために、キャリア関連科目を配置する。(キャリア科目のCPを参照)
CP9.
社会人として幅広い視野を身につけるとともに、専門分野としての観光を体系的に学ぶ基盤を作るために、教養基礎科目を配置する。(一般教養科目のCPを参照)

カリキュラム検索

学びの分野をみる

1年次から4年次までのカリキュラムをみることができます。どのような科目を履修するのか各分野の違いに注目し、目指す職業や進路をみて、将来像を見つけてみましょう。