流通情報学部

真名瀬 陽平

真名瀬 陽平

真名瀬 陽平(マナセ ヨウヘイ)

Manase Youhei

学位:修士(特別支援教育学)

所属 (学部・職位・学内役職)

流通情報学部 所員 (教育学習支援センター 専任所員(講師))

連絡先/ホームページ

manase@rku.ac.jp

学歴/経歴

筑波大学大学院人間総合科学研究科障害科学専攻前期課程修了
筑波大学大学院人間総合科学研究科障害科学専攻後期課程退学

担当科目

1年ゼミ、障害児保育、特別な支援を要する生徒の理解、リベラルアーツ(2022年度まで)

授業・ゼミ

【指導方針】
 「できない」「苦手」などに対しては、学生とともにどう改善していけるのかを具体的に協議し、改善をしていけるように支援・指導をします。また、その際には、「自分が得意なこと」に目を向けてもらえるようにしています。
 「できる」「もっとやりたい」についても同様です。

【講義の目標】
 社会で生き抜く上で必要なスキルや考え方を知る・身に付けてもらうことを目標としています。
 また、自分と違う“他者”を受け入れられるようになってほしいと考えています。

【学生への希望】
 高校までに教えられた・身についた“正解や常識”に対して、積極的に疑い、議論をしていきましょう。大学教員に対してもどんどん意見を言ってください。

研究・専攻分野

特別支援教育学(障害科学、教育、心理)

研究テーマ

一見するとまとまりがないですが、認知・知能アセスメントと行動的アセスメントを組み合わせ、多面的なアセスメントと介入を検討しています。

① 計算の流暢性を対象にした応用行動分析学と認知アセスメントの観点を持つ多面的なアセスメントの実施と支援・指導の検討

② 発達障害、困難さを持つ幼児・児童・学生・成人への多面的な観点からなるアセスメント・介入の検討

③ 大学教育において困難さのある学生への支援の実践的検討

著書・論文・研究発表

詳細は、Research maphttps://researchmap.jp/manatee)をご覧ください。

 

【著書】
実践事例を通して具体的なかかわりを学ぶ 保育現場における特別支援
松井剛太,七木田敦(編著),山﨑徳子,加納史章,岡谷ゆい,村田泰弘,真名瀬陽平他 (担当:共著, 範囲:3章「不注意や落ち着きのなさがある子どもの保育」2節「診断付加基準について」、同章3節「ADHDの診断基準の使い方、読み方について」、第4章「学習に課題のある子どもの保育」8節「『ルールを守ることが難しいこども』とのかかわり」を担当

 

【論文】(査読付き論文4本)
・林詩穂里、真名瀬陽平、藤本夏美、松田壮一郎、野呂文行 (2022). Response Interruption and Redirection にスクリプトを付加した介入による自閉スペクトラム症児の独語行動の減少効果と保護者による適用可能性. 行動分析学研究, 36(2), 130-138.
・真名瀬陽平(2021). 学修ポートフォリオにおける学生の意見を踏まえた書式・指導方法の変更に関する実践的検討. 日本教育工学会論文誌, 45(Suppl.), 201-204.
・真名瀬陽平 (2020). 大学新入生の発達障害関連支援ニーズとその後の出席率・GPA との関連. Journal of Inclusive Education, 9, 90-101.
・真名瀬陽平(2019)自閉スペクトラム症と知的発達症のある男性に対する9マス将棋における遊びスキルの向上を目指した指導,障害科学研究
(査読なし・筆頭・共著含め、二十数件)

 

【研究発表】(国際学会のみ)
Youhei M,Fumiyuki N2017Children Experiencing Difficulties in Arithmetic Fluency in Japan: Fluency Assessment and Training Based on the Make 10 StrategyProceeding of the 8th Pacific Rim Conference on Education
Youhei M,Fumiyuki N2016Evaluation of fluency training focused on a strategy of calculation to generalization with basic addition and subtraction. 31st International Congress of Psychology .
(国内、筆頭・共著含め、他多数)

所属学会

大学教育学会
教育工学会
北海道特別支援教育学会
日本特殊教育学会
LD学会
自閉症スペクトラム学会

社会貢献活動

学生へのメッセージ

困ったことや心配なことは積極的に教育学習支援センターなどに相談して下さい。相談することも社会で生きていくために必要な力です。
そして、相談に来た際には、改善・解消するために、どう行動・工夫したらよいのかを一緒に考え、実行してきましょう。
皆さんが来てくれることを、お待ちしています。