RKU 流通経済大学

RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

スポーツ健康科学部:教員紹介

大槻 毅(オオツキ タケシ)

OTSUKI Takeshi

学位:博士(体育科学)
性別:male

所属 (学部・職位・学内役職)
スポーツ健康科学部大学院スポーツ健康科学研究科 教授
研究室/連絡先
7号館8階 otsuki-takeshi[アットマーク]rku.ac.jp
学歴/経歴
筑波大学大学院博士課程体育科学研究科修了[博士(体育科学)]
担当科目
2年演習,3年演習,4年演習,スポーツ生理学,エアロビック運動の理論,発育発達老化の理論・実習,スポーツプロモーション論特講(大学院),中高齢者スポーツ論特講(大学院),研究指導(大学院)
研究・専攻分野
運動生理学
研究テーマ
主に心血管系機能からみた健康づくり運動の効果と実践方法
実績 (著書・論文・研究発表)
【論文等】
Hayashi S, Otsuki T. Higher left ventricular wall thickness and forearm blood flow may be associated with higher systolic blood pressure in swimmers. J Phys Fitness Sports Med 8: 51-56, 2019

Otsuki T. Older community residents who participate in group activities have higher daily physical activity levels and lower medical costs. Asia Pac J Public Health 30: 629-634, 2018

Zempo-Miyaki A, Kumagai H, Yoshikawa T, Myoenzono K, So R, Otsuki T, Tanaka K, Maeda S. Pentraxin3 increases in adult overweight and obese men after weight-loss by dietary modification with exercise training. Appl Physiol Nutr Metab 44: 111-117, 2019

大槻毅. 運動と血管内皮機能. 体育の科学 68: 644-648, 2018

大槻毅. 低強度の筋力トレーニングは血圧を低下させるか? 体育の科学 68: 186-90, 2018

Otsuki T, Ishii N. Association between blood pressure changes during self-paced outdoor walking and air temperature. Clin Physiol Funct Imaging 37: 155-61, 2017

Otsuki T. Effects of habitual exercise on blood pressure during aerobic and resistance exercise in older individuals. J Phys Fitness Sports Med 6: 219-22, 2017

Zempo-Miyaki A, Maeda S, Otsuki T. Effect of Chlorella-derived multicomponent supplementation on maximal oxygen uptake and serum vitamin B2 concentration in young men. J Clin Biochem Nutr 61: 135-9, 2017

生田目颯, 大槻毅. トライアスリートの心臓および血管における日本代表選手と学生日本代表選手の比較. 月刊トレーニングジャーナル 39: 22-6, 2017

宿谷あゆみ, 小粥智浩, 膳法亜沙子, 大槻毅. 小中学生の柔軟性は発育発達に伴い増大するか? 体育の科学 67: 133-8, 2017

荒井宏和, 大槻毅, 清水和弘, 花岡裕吉, 膳法亜沙子, 崔英珠, 渡部厚一, 前田清司. ライフセーバーにおける水難救助活動期間中の睡眠と唾液SIgA分泌速度との関連. 日臨スポーツ医会誌 25: 261-8, 2017

Otsuki T, Kotato T, Zempo-Miyaki A. Habitual exercise decreases systolic blood pressure during low-intensity resistance exercise in healthy middle-aged and older individuals. Am J Physiol Heart Circ Physiol 311: H1024-30, 2016
(当該誌の Featured Articles および Featured Podcast に選出される)

Otsuki T, Kotato T. Higher arterial stiffness related to blood pressure overresponse to arm and leg resistance exercises in elderly individuals. Advances in Arterial Stiffness Research (Chavez B ed.), 2016

Otsuki T, Shimizu K, Zempo-Miyaki A, Maeda S. Changes in salivary flow rate following Chlorella-derived multicomponent supplementation. J Clin Biochem Nutr 59: 45-8, 2016

荒井宏和, 清水和弘, 大槻毅, 花岡裕吉, 前田清司, 渡部厚一. 唾液SIgAによるライフセーバーのコンディション評価. 日臨スポーツ医会誌 24: 84-92, 2016

Otsuki T, Maeda S, Mukai J, et al. Association between plasma sLOX-1 concentration and arterial stiffness in middle-aged and older individuals. J Clin Biochem Nutr 57: 151-5, 2015
(World Biomedical Frontiers で紹介される[2016年8月])

Otsuki T, Shimizu K, Maeda S. Changes in arterial stiffness and nitric oxide production with Chlorella-derived multicomponent supplementation in middle-aged and older individuals. J Clin Biochem Nutr 57: 228-32, 2015

大槻毅. クロレラ由来の総合栄養サプリメントによる動脈硬化の改善.Med Sci Digest, 41, 28-31, 2015

Otsuki T, Ohashi C. Participation in physical activity and arterial stiffness in males with autism spectrum disorder. Artery Res, 8, 110-4, 2014

Umemoto S, Otsuki T. Chlorella-derived multicomponent supplementation increases aerobic endurance capacity in young individuals. J Clin Biochem Nutr, 55, 143-6, 2014

大槻毅. 心血管系におけるトレーニングとディトレーニング.体育の科学, 64, 144-6, 2014

Otsuki T, Shimizu K, Iemitsu M, Kono I. Multicomponent supplement containing Chlorella decreases arterial stiffness in healthy young men. J Clin Biochem Nutr 53: 166-9, 2013

大槻毅. 食の科学について-運動生理学者が思うこと.Health & Nutrition 21, 1, 51-52, 2013

Otsuki T, Okuda Y. Blood pressure regulation during bathing, is there a cardiovascular risk? Recent Advances in Cardiovascular Risk Factors (Atiq M ed.), 2012

Otsuki T, Shimizu K, Iemitsu M, Kono I. Chlorella intake attenuates reduced salivary SIgA secretion in kendo training camp participants. Nutr J 11: 103, 2012

林克,大槻毅. 長期間水泳を継続している者の血圧は非実施者に比べて高い. 臨床スポーツ医学 29: 973-8, 2012

Otsuki T, Shimizu K, Iemitsu M, Kono I. Salivary secretory immunoglobulin A secretion increases after 4-weeks ingestion of Chlorella-derived multicomponent supplement in humans: a randomized cross over study. Nutr J 10: 91, 2011

大槻毅. 動脈硬化予防のための運動プログラム. 臨床スポーツ医学 28: 1361-4, 2011

大槻毅, 前田清司. 動脈スティフネスと運動強度. 臨床スポーツ医学 28: 1089-92, 2011

【著書】
大槻毅, 前田清司. スポーツと循環. はじめて学ぶ健康・スポーツ科学シリーズ [⑧スポーツ生理学(冨樫健二編、化学同人)],第4章: 41-54, 2013

大槻毅. 健康スポーツを学ぶ. スポーツの世界を学ぶ -スポーツ健康科学入門- (流通経済大学スポーツ健康科学部ゼミ運営委員会編、流通経済大学出版会),23-32, 2013

大槻毅. 心臓左心室後負荷と動脈コンプライアンス.運動生理学のニューエビデンス(宮村実晴編、真興交易㈱医学出版部),Section 10 (4): 298-303, 2010

【受賞】
Outstanding reviewer, Experimental Gerontology (2018.3)
Travel Grant Award, International Conference on Endothelin (2013.9)
Best Scientific Research Award, Asian Federation of Sports Medicine Congress (2005.5)

【競争的研究資金獲得】
(科学研究費補助金)
基盤研究(C);単独、2017~2019年度(17K01763)
挑戦的萌芽研究;単独、2011~2012年度(23650437)
若手研究(B);単独、2005~2007年度(17700486)
基盤研究(C);分担、2008~2010年度(20592696)
基盤研究(C);分担、2008~2010年度(80168799)

(その他)
平成30年度全国大学体育連合大学体育研究助成(2018.2~2019.1)
平成29年度国立大学法人筑波大学体育系 ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター(ARIHHP) 共同利用・共同研究(2017.6~2019.3)
明治安田厚生事業団若手研究者のための健康科学研究助成(2014.11~2016.2)
茨城体育学会研究奨励金(2010~2013、2017年度)
中冨健康科学振興財団研究助成金(2013.3~2014.6)
上原記念生命科学財団研究奨励金(2010年度)
上月財団第8回スポーツ研究助成事業(2011.1~2012.12)
笹川科学研究助成(2008年度)
所属学会
所属学会
日本体育学会
(International Journal of Sport and Health Science 編集幹事[2015.4~2017.3]および編集委員[2019.4~現在])
日本体力医学会(評議員)
日本運動生理学会(評議員)
日本循環器学会
日本臨床スポーツ医学会
日本抗加齢医学会
American College of Sports Medicine
European College of Sport Science
社会貢献活動
龍流連携事業ウォーキング講座「血管ハツラツ☆ウォーキング」(2010年度~)
健康運動指導士会茨城県支部理事(2012年度~)
健康運動実践指導者実技評価委員(2009年度~)

学生へのメッセージ
スポーツをもっと深く学びたい、スポーツを通して社会の役に立ちたい、という意欲を強く持ち、それに向かって努力できる学生の入学を歓迎します。