RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

流通情報学部:教員紹介

矢野 裕児

矢野 裕児(ヤノ ユウジ)

YANO Yuji

学位:工学博士
性別:male

所属 (学部・職位・学内役職)
流通情報学部大学院物流情報学研究科 教授
研究室/連絡先
eメールアドレス : yano@rku.ac.jp
学歴/経歴
横浜国立大学工学部、大学院、日本大学大学院理工学研究科建築学専攻 博士後期課程修了 工学博士
東京生まれ、東京育ちです。大学時代は、建築学を専攻し、都市計画を勉強していました。街を歩くことが好きで、趣味は旅行です。
その後、日通総合研究所、富士総合研究所に所属し、本学にきました。
担当科目
指導方針/講義の目標/学生への希望
ロジスティクスシステム論では、企業のロジスティクスがどのように展開しているのか、企業事例も含めて進めていきます。ロジスティクスのおもしろさをわかってもらえればと思います。
災害ロジスティクス論では、東日本大震災において物流面でどのような問題が発生したのか、リスク対応の重要性をわかってもらえればと思います。
ロジスティクス実践講座では、毎回企業のロジスティクス担当者をお招きし、企業での実例を紹介していただきながら進めます。
ロジスティクス企業訪問講座は、夏休み期間中に集中講義で実施します。企業の物流センター等を訪れ、現場を体感して、ロジスティクスを知ってもらおうというものです。
ダイレクトマーケティング実践講座では、近年急激に拡大しているネット通販などについて、どのような仕組みとなっているのか、毎回企業の方をお招きし進めます。
研究・専攻分野
ロジスティクス、物流、流通、都市計画
研究テーマ
研究テーマは、ロジスティクス、物流、流通、都市計画です。
特に最近は、物流における災害時対応、人手不足と物流、環境問題とロジスティクス、ネット販売と物流、企業物流、買い物弱者問題、韓国・中国のロジスティクス、大型店の地域貢献、大型店の立地過程と地域構造の関係等について研究しています。
実績 (著書・論文・研究発表)
•「物流論」中央経済社
•「現代リスク社会と3・11複合災害の経済分析」中央大学研究叢書
•「現代ロジスティクス論」中央経済社
•「病院のロジスティクス」白桃書房
•「3PLビジネスとロジスティクス戦略」白桃書房
•「現代企業のロジスティクス」中央経済社
•「現代物流システム論」中央経済社
•「東日本大震災以降のロジスティクスにおけるリスクマネジメントについて」•「ロジスティクスに関する新たな視点-企業のリスク対応への取組-」
•「地域活動拠点を利用した買い物弱者対応の展開」
•「荷主企業による鉄道コンテナ輸送の評価とグリーンロジスティクスの可能性」
•「LCAの視点からみた物流の環境負荷に関する研究」
•「オムニチャネルとロジスティクス」
•「地域におけるロジスティクスと都市環境の最適化に関する基礎的研究」
•「中国における農産物のコールドチェーンに関する研究」
•「経営形態から見た中国物流企業の現状と課題に関する研究」
•「2020年オリンピックの物流への課題と影響について」
•「物流業界の人材育成について」等

所属学会
•日本物流学会、日本海運経済学会、日本交通学会、日本ダイレクトマーケティング学会、日本商業施設学会、日本不動産学会、日本物流学会理事
•交通政策審議会物流部会委員(国土交通省)
•荷主と物流事業者が連携したBCP策定促進に関する検討会委員長(国土交通省)
•輸出入コンテナ貨物における鉄道輸送促進に関する調査会座長(国土交通省)
•グリーン物流パートナーシップ会議事業推進委員会委員(国土交通省、経済産業省)
•地域を支える持続可能な物流システムのあり方に関する検討会委員(国土交通省)
•倉庫業のあり方に関する研究会委員(国土交通省)
•弾力的な鉄道貨物輸送システムのあり方に関する調査委員会委員(国土交通省)
•自動車分野のCO2排出量評価プログラムの構築の開発調査検討会委員(国土交通省)
•多様な支援物資物流システム構築協議会委員長(国土交通省関東運輸局)
•鉄道コンテナ輸送障害対策推進検討委員会委員長(国土交通省関東・中部運輸局)
•産業構造審議会流通部会専門調査会委員(経済産業省)
•医薬品業界における電子タグ実証実験検討委員会委員(経済産業省)
•家電流通実態に関する調査委員会委員長(経済産業省)
•食料品地域物流円滑化等推進協議会委員長(農林水産省・食品流通構造改善促進機構)
•大規模小売店舗立地審議会会長(東京都・茨城県)
•東京都卸売市場審議会委員(東京都)
•茨城県総合計画審議会部会専門委員(茨城県)
•茨城県圏央道沿線地域産業・交流活性化協議会基本計画策定委員会委員長(茨城県)
•能力開発委員会委員(日本ロジスティクスシステム協会)等
学生へのメッセージ
自分自身の大学時代を振り返ってみると、その時の様々な経験は、明確なかたちではないにせよ、現在でも、とても大きく心に残っています。若い時代は、何事に対しても吸収力がありますが、だからといって、ただ待っているだけではだめです。いろいろなことに好奇心をもつこと、これが学生時代において、もっとも重要なことだと思います。