RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

流通情報学部:教員紹介

片山 直登(カタヤマ ナオト)

KATAYAMA Naoto

学位:博士(物流情報学)
性別:male

所属 (学部・職位・学内役職)
流通情報学部大学院物流情報学研究科 教授(流通情報学部長)
研究室/連絡先
学歴/経歴
[学歴]
1982年 早稲田大学理工学部工業経営学科 卒業
1984年 同大学大学院理工学研究科博士前期課程 修了
1988年 同大学院理工学研究科博士後期課程 単位取得退学
2010年 流通経済大学大学院物流情報学研究科 博士(物流情報学)

[経歴]
1987年 早稲田大学理工学部工業経営学科 助手
1990年 金沢工業大学工学部経営工学科 講師
1996年 流通経済大学流通情報学部流通情報学科 助教授
2002年 流通経済大学流通情報学部流通情報学科 教授
担当科目
指導方針/講義の目標/学生への希望
【OR基礎論/物流計画論】
各種分析手法を使って解析ができ、簡単な現実の問題に対して適用や解析ができる。
【情報システム基礎/応用演習】
Visual Basic.NETを用いたプログラミング手順を理解し,簡単なソフトウエアを開発できる。
【サプライチェーンマネジメント論/ロジスティクス改善演習】
サプライチェーンやロジスティクスを分析し,問題点や改善策を提言できる。
研究・専攻分野
オペレーションズ・リサーチ、数理計画、ネットワーク理論
研究テーマ
通信ネットワーク設計、物流ネットワーク設計、アルゴリズム開発
実績 (著書・論文・研究発表)
•ロジスティクスの計画技法,流通経済大学出版会,2015.
•分枝価格法を用いた容量制約をもつネットワーク設計問題の解法,物流問題研究,2015.
•ホップ数を考慮した容量制約をもつネットワーク設計問題,物流問題研究,2015.
•容量制約をもつネットワーク設計問題に対するn分割不等式,流通経済大学流通情報学部紀要,2015.
•非分割フローを考慮した容量制約をもつネットワーク設計問題,流通経済大学流通情報学部紀要,2013.
•フロー木条件を考慮した容量制約をもつネットワーク設計問題,流通経済大学流通情報学部紀要,2013.
•LTLネットワーク設計問題,流通経済大学流通情報学部紀要,2013.
•アセットバランスを考慮したサービスネットワーク設計問題,流通経済大学流通情報学部紀要,2012.
•容量制約をもつネットワーク設計問題の研究の調査と数値実験の比較,流通経済大学流通情報学部紀要,2012.
•在庫費用を考慮したロジスティクスネットワーク設計問題,日本ロジスティクスシステム学会誌,2011.
•Combining Capacity Scaling and Local Branch Approaches for the Logistics Network Design Problem,ICPR21,2011.
•容量制約のないネットワーク設計問題のLagrange緩和法とソースコード,流通経済大学流通情報学部紀要,2010.
•多品種を考慮したロジスティクスネットワーク設計問題の数理的解法に関する研究,流通経済大学大学院物流情報学研究科,2010.
•A Capacity Scaling Procedure for the Multi-Commodity Capacitated Network Design Problem,Journal of Computational and Applied Mathematics,2009.
•列生成法と行生成法を用いた区分的線形関数をもつネットワークデザイン問題の近似解法,流通経済大学流通情報学部紀要,2009.
•A Supply Chain Network Design Problem with Concave Inventory Costs,ICPR20,2009.
•ロジスティクスネットワーク設計問題に対する近似解法,日本物流学会誌,2009.
•ロジスティクスネットワーク設計問題に対する近似解法,日本物流学会誌,2009.
•ネットワーク設計問題,朝倉書店, 2008.
所属学会
•日本経営工学会
•日本オペレーションズ・リサーチ学会
•日本土木学会
•日本物流学会
•日本ロジスティクシステム学会
•Institute for Operations Research and Management Sciences
学生へのメッセージ
流通情報学部の学生として、最低限エクセルを使って分析できる、簡単なプログラムが作れるまでマスターしましょう。また、1年次に日商PC3級、2年次に日商PC2級、3年次にITパスポートの資格をとるように努力しましょう。