RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

社会学部:教員紹介

高口 央(コウグチ ヒロシ)

KOHGUCHI Hirosi

学位:博士(学術)
性別:male

所属 (学部・職位・学内役職)
社会学部大学院社会学研究科 准教授
研究室/連絡先
eメールアドレス : hk9006002あっとsoc.rku.ac.jp
学歴/経歴
2003年9月広島大学大学院生物科学研究科環境計画科学専攻博士課程後期修了(博士学術)
2004年3月広島大学障害学生支援ボランティア活動室情報支援コーディネーター
2004年10月広島大学総合科学部助手(~2006年3月まで)
2006年4月流通経済大学社会学部講師
2009年4月流通経済大学社会学部准教授
担当科目
指導方針/講義の目標/学生への希望
担当科目:対人関係論・社会心理学
自己と対人関係という視点、そして自己と集団の視点からの解説を行い,様々な対人場面において,どのような心理学的法則が働いているのかについて、代表的な研究例や最近の研究結果を交えて講義を行います。周囲の状況によって、心や行動の変化が起こっていることを理解することが目標です。
研究・専攻分野
社会心理学
研究テーマ
•複数リーダーの効果に関する研究
•コミュニケーション行動の促進・阻害要因の検討
•アイデンティティとコミュニケーションとの関連
•購買場面などでの環境要因による行動の変化 など
実績 (著書・論文・研究発表)
【著書】
高口央 (2006) コミュニケーション  生和秀敏・井内康輝(編)  医療における人の心理と行動 培風館

【論文】
高口央・坂田桐子・黒川正流 ( 2002) 集団間状況における複数リーダー存在の効果に関する検討 実験社会心理学研究(第42巻1号)
高口央  (2003) 複数リーダーの効果に関する研究-リーダーの集団内行動と集団間行動の観点から- 広島大学大学院博士課程後期博士論文
高口央・坂田桐子・黒川正流 ( 2005) 企業組織における職制上司と組合役員によるリーダーシップの効果 実験社会心理学研究(第44巻2号)
高口央・坂田桐子・藤本光平  (2007) リーダーシップとプロトタイプ性が集団成員に与える影響 社会心理学研究(22巻3号)
高口央 (2015) お客を顧客へと変化させる店舗の取り組みとは?-認知的不協和理論からの検討- 社会学部論叢(25巻2号)
所属学会
【所属学会】
日本グループ・ダイナミックス学会、社会心理学会、日本心理学会、経営行動科学学会、産業・組織心理学会、日本教育心理学会
学生へのメッセージ
日々受ける授業も含め、日常の色々な出来事になぜ?と思いながら、過ごして下さい。そして、そう思えたら、なぜかを考えてみましょう。授業に出て、ノートをとって終わりにせず、自分の生活の中の出来事に、聞いた知識があてはまるかを考えてみる、分からないことにであったら本などで調べてみて下さい。思う、感じるから、考えるというステップに進めば、色々なことが身に付きます。