RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

社会学部:教員紹介

立川 和美(タチカワ カズミ)

TACHIKAWA Kazumi

学位:
性別:female

所属 (学部・職位・学内役職)
社会学部 教授
研究室/連絡先
eメールアドレス : tachikawa@rku.ac.jp
学歴/経歴
東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程修了。学術博士。
趣味は読書、(あらゆるジャンルの本を読みますが、一番好きなのは夏目漱石です。)音楽(自分で演奏するのはピアノですが、様々な楽器に興味を持っています。)
担当科目
指導方針/講義の目標/学生への希望
【日本語(留学生)】
大学生活の中で必要とされる日本語の4技能(読む・書く・聞く・話す)をバランスよく向上させることを目標とします。

【基礎演習】
大学生活で必要とされる言語技術の中でも、必要な情報を正確に理解し、それをまとめる力、また自分の考えを発表する力(発信型の力)を養うことを目標とします。

・授業には積極的に、そして集中力を持って臨んで下さい。また、日常生活においては常に知的好奇心を持って様々な事に挑戦する姿勢を持って欲しいと思います。
研究・専攻分野
日本語学、言語教育
研究テーマ
日本語テクストの分析。現在は、随筆テクストをとりあげ、この日本語に特有のジャンルが持つ言語的特性に関する記述を行っています。
実績 (著書・論文・研究発表)
2005年 「狭義説明文のジャンル特性と文章構造に関する試論」『国文』102(お茶の水女子大学国語国文学会)58-67
2003年 「女子中学生の「私的な手紙文」に関する考察-テクスト構造を中心に-」『表現研究』78(表現学会)40-47
2002年 「国際化時代の語学教育-国際社会の中での日本語の在り方をめぐって」『第18回 金子賞懸賞論文集』74-99
所属学会
日本語学会、日本語教育学会、日本文体論学会、表現学会、日本教材学会、日本国語教育学会、日本言語学会、お茶の水女子大学国語国文学会、英国日本語教育学会、ヨーロッパ日本語教師会
学生へのメッセージ
大学生活は、その人の姿勢や考え方で、実に多くの可能性を持っています。自分の目標や生き方について、じっくりと考え、方向性を明確にし、まっすぐに道を進んで行きましょう!