RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

経済学部:教員紹介

田村 太一(タムラ タイチ)

TAMURA Taichi

学位:
性別:male

所属 (学部・職位・学内役職)
経済学部 准教授
研究室/連絡先
eメールアドレス : tamura-taichi@rku.ac.jp
学歴/経歴
【最終学歴・略歴】
•大阪市立大学大学院経済学研究科修了 博士(経済学)
•国際日本文化研究センター機関研究員等を経て、2012年度本学に着任。
•関西から赴任してきました。生活習慣の違いに少々戸惑っています。
担当科目
指導方針/講義の目標/学生への希望
【指導方針】
•できるだけわかりやすく、日常的な出来事と関連付けながら講義していきます。
•講義は自らの課題を発見するための材料を提供するにすぎません。学問において大事なことは、講義を基にして自ら主体的に学ぶことです。そのために、講義を活用してください。

【講義の目標】
•現代の世界経済で生じている現象をその歴史とともに正確に押さえたうえで、それを説明する考え方や理論を併せて学んでいきます。

【学生への希望】
•身近な経済問題から対象を認識し、それを概念から説明できるようになってほしいと思います。
研究・専攻分野
•国際経済論
•現代アメリカ経済研究
研究テーマ
•グローバリゼーションとアメリカ経済
•アメリカ経済のサービス化
実績 (著書・論文・研究発表)
•「IBMの事業再編とグローバル展開」(渋谷博史編『アメリカ・モデルの企業と金融』昭和堂、2011年、pp.30~67、所収)
•「1980 年代アメリカ産業の『非工業化』と国際競争力問題」『経済学雑誌』第111巻第4 号、2011年、pp.79-102.
•「アメリカの証券資本主義と所得格差」『CREI Discussion Paper Series』No.15、2009年、pp.1~24.
•「オフショアリングの進展と雇用問題」(中本悟編『アメリカン・グローバリズム:水平な競争と拡大する格差』日本経済評論社、2007 年、pp.200~225、所収)など
所属学会
•日本国際経済学会
•多国籍企業学会
学生へのメッセージ
大学において学ぶべき重要なことのひとつは、自らの課題を発見し、自ら主体的に学ぶことです。貴重な時間を有意義に使ってください。