RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

経済学部:教員紹介

杉山 和明(スギヤマ カズアキ)

SUGIYAMA Kazuaki

学位:
性別:male

所属 (学部・職位・学内役職)
経済学部 准教授
研究室/連絡先
eメールアドレス : sugiyama-kazuaki@rku.ac.jp
学歴/経歴
2004年3月 名古屋大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(地理学)
2005年4月 日本学術振興会特別研究員・大阪市立大学(2008年3月まで)
2006年8月 ロンドン大学キングスカレッジ社会科学公共政策学部地理学科 客員研究員(2007年2月まで)
2008年4月 大阪市立大学都市研究プラザ グローバルCOE特別研究員(2009年3月まで)
2009年4月 本学へ着任
1973年1月 静岡市生まれ。現在、横浜市で妻子と暮らしています。
担当科目
指導方針/講義の目標/学生への希望
自分の身の回りの出来事と講義内容を常に関連づけて考えるようにしましょう。
研究・専攻分野
•社会・文化地理学 Social and Cultural Geography
•犯罪社会学 Sociological Criminology
•若者研究 Youth Studies
研究テーマ
•若年層を取り巻く社会環境の変容
•犯罪と監視の地理―日英米の比較研究―
•都市再生と夜間経済
•観光・消費空間・情報メディア
実績 (著書・論文・研究発表)
•「学会展望(2009年1月~12月) 社会」人文地理学会『人文地理』第62巻第3号、261~264頁、2010年6月
•「「出会い系メディア」が創出する空間と社会的規制」神田孝治編『レジャーの空間―諸相とアプローチ―』ナカニシヤ出版、192~200頁、2009年10月
•「若者の生活空間と安心・不安感覚―浜松都市圏東部に暮らす高校生の語りをもとに―」大阪市立大学都市文化研究センター『都市文化研究』第11号、51~66頁、2009年2月
•「都市近郊農村における若者の場所感覚―浜松都市圏東部に暮らす高校生の語りの分析から―」地理科学学会『地理科学』第63巻第4号、239~259頁、2008年10月
•「「門限条例」と公共空間の統制―大阪府青少年健全育成条例改正の政治過程から―」大阪市立大学都市文化研究センター『都市文化研究』10号、31~52頁、2008年2月
•「参与観察の実践―「若者の地理」へのアプローチ―」梶田真・仁平尊明・加藤政洋編『地域調査ことはじめ―あるく・みる・かく―』ナカニシヤ出版、241~249頁、2007年4月
所属学会
人文地理学会、日本地理学会(2010年4月~ 編集委員)、地理科学学会、アメリカ地理学会、日本都市地理学会、日本犯罪社会学会(2008年11月~ 研究委員)、社会文化学会などに所属。
学生へのメッセージ
学生時代は、新しいことに次々と挑戦したり、ひとつのことにひたすら打ち込んだりできる自由な時間がたくさんあります。何か思うようにいかないことがあったときには、納得のいくまで何度でも挑戦するようにしてください。そうした試行錯誤の経験が、今後の人生の大きな糧になると思います。