RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

経済学部:教員紹介

渡部 恒彦(ワタナベ ツネヒコ)

WATANABE Tsunehiko

学位:経済学修士
性別:male

所属 (学部・職位・学内役職)
経済学部大学院経済学研究科 教授
研究室/連絡先
twatanabe@rku.ac.jp
学歴/経歴
立教大学経済学部卒業
立教大学大学院経済学研究科博士後期課程を単位取得満期退学
1988年本学経済学部専任講師,2000年より現職

趣味
スポーツ全般。但し最近は水泳と自転車のみ。クラシック音楽鑑賞。
担当科目
指導方針/講義の目標/学生への希望
1年演習:東証マザース上場企業対象の投資ゲームを,特に短期的投資と長期的投資の時間視野の違いに応じた投資戦略の違いに着目して指導しています。
経営財務論:(A)アメリカ企業の目的は株価を上げることです。投資家は株を買った時よりも高く売れば売買益を手に入れることができます。経営者はそうした投資家の投機(期待)に懸命に応えようとします。それは,株主を軽視し,従業員の仕事の習熟に資金を費やし,良品を創るための研究開発にこそ資金を活用してきた従来の日本型経営とは異なります。しかしこの20年,アメリカの機関投資家が配当を増やすよう要求し,また,株式市場の自由化と株主の自己責任の条件として経営情報の徹底した開示を求める等の動きを受けて株主重視の経営が日本企業でも追求されるようになってきました。それでは株価とは市場でどのように形成され,どのような水準に落ち着くのでしょうか。それを考えるために,株式市場の仕組み,証券取引所の機能を学びます。(B)日本では事業展開を決めるのも,取締役を選ぶのも経営陣であって,株主は株主総会でその人事案を追認するだけです。では会社をコントロールし動かしている人は誰なのでしょうか。株式には議決権が付与されているので株主は制度面ではまぎれもなく会社経営を動かす力を持っています。しかし他方,高度な意思決定能力に優れた専門経営者なしには会社経営は立ち行きません。講義では,こうした株主と経営者の対立の構図から出発して,日本企業のコントロールをめぐる今日的状況とその背景的な要因を調べます。
証券市場論:証券市場というと,まず証券取引所のことを頭に浮かべ,証券会社のことを考えるでしょう。しかし本講義の根底にあるのは,株式証券市場に限れば,それは株式会社制度の一環であるという考え方です。証券市場は他のあらゆる理由を超えて,株式会社企業の資本の調達・運用のための装置です。その装置の仕組みを最初に具体的に説明します。次いで株式価格・債券価格の決まり方の概要,それとの関連で株式投資の尺度,株式会社と証券取引所をめぐる日本の制度について解説します。
学生への希望:一方通行になりがちな講義を双方向のものとするためe-deskをフル活用している。ほぼ毎回e-desk上での解答を要する加点の高い問題を出すので,出席を怠らないでほしい。数学を使うと俄然理解が難儀になると思う向きも多い。ケインズは,内部洞察力の重要性に鑑みて数学の経済学における重要性を劣位に置いた。私の講義でも使う数学も単純な指数関数程度である。頑張って講義に着いて来てほしい。e-desk上での質問も待っています。
研究・専攻分野
経営財務論,証券市場論,アメリカ経済論
研究テーマ
A.アメリカ資本市場の構造と機能の株式会社支配論や買収・合併の観点による分析。
B.Keynesの経済学方法論の研究,等。
実績 (著書・論文・研究発表)
《共著》
・坂本恒夫・佐久間信夫編,企業集団研究会著(1998)『企業集団支配とコーポレート・ガバナンス』文眞堂,所収,第7章「「コーポレート・ガバナンス」論における株式「市場の規律」とその前提」――1980年代金融バブルの教訓」
・日本経営財務研究学会編(1998)経営財務研究双書18『コーポレート・ファイナンスの理論と実証』中央経済社,所収,第7章「1980年代アメリカ合衆国における好況の性格と買収・合併運動――純投資の抑制と投機的買収・合併に関する実証分析――」
・坂本恒夫・佐久間信夫編,企業集団研究会著(2003)『企業集団と企業間結合の国際比較』文眞堂,所収,第2章「アメリカ合衆国における産業連関と取締役兼任ネットワーク」
・丑山優・熊谷重勝・小林康宏編(2005)『金融ヘゲモニーとコーポレート・ガバナンス』税務経理協会,所収,第9章「機関投資家の投資行動とアメリカ経済の持続可能性――短期主義的な株主重視政策の矛盾――」
《主要論文》
・「1970年代~1980年代におけるアメリカ経済の構造的変化と買収・合併――企業者の期待形成を中心に――(1)(2)」『流通経済大学論集Vol.29, No.2, No.3』(1994)
・「チェース・マンハッタン銀行「チェース・グループに属する石油会社の財務分析」にみるアメリカ系石油資本の縮小とその帰結」『流通経済大学論集Vol.30, No.1』(1995)
・「アメリカ合衆国における産業連関と取締役兼任ネットワーク――産業連関説とそのデータ的検証の可能性――」『流通経済大学論集Vol.35, No.4』(2001)
・「Dodd-Frank「法の論理」の混乱とその収拾の必要条件としての経済政策――CDSの市場価格決定プロセスの特徴を手掛かりとして――(上)(下)」『流通経済大学論集Vol.47, No.3, Vol.47, No.4』(2012)
・「Keynesの慣行的判断と株式相場の推移――期待の自己実現の利益とポートフォリオ・マネジャー及び証券アナリストの情報操作規制――(上)(中)(下)」『流通経済大学論集Vol.49, No.3, Vol.49, No.4, Vol.50, No.1』(2015)

所属学会
日本経営学会 証券経済学会 日本経営財務研究学会 日本財務研究学会 日本マネジメント学会
学生へのメッセージ
生涯学習という言葉をしばしば耳にしますが,事実上余裕を持って勉学に励める時期は学部卒業を前提にするなら,学部4年間で,また人生を決定づけるのは25歳まで生き方であるという統計もあります。これも再就職を別とすれば,学部4年間が最後のモラトリアムだということを意味します。メグ・ジェイの「人生は20代で決まる」という本があり,その中では脳の成熟やパーソナリティーの形成,仕事選びから生涯賃金のレンジ,生涯つきあう友人,いずれもが20歳台でに決まるというインパクトのある話が書いてあるそうです。どうか皆さん,それぞれに有意義な最後の学生時代を送って下さい。