RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

法学部:教員紹介

隅谷 史人(スミタニ フミト)

SUMITANI Fumito

学位:博士(法学)
性別:male

所属 (学部・職位・学内役職)
法学部 准教授
研究室/連絡先
sumitani@rku.ac.jp
学歴/経歴
フェリス女学院大学 国際交流学部国際交流学科 非常勤講師 (2012年4月-2013年9月)
慶應義塾大学大学院 法学研究科後期博士課程 単位取得退学(2013年3月)
帝京大学 法学部法律学科 特別教育担当職員(助教) (2013年4月-2015年3月)
流通経済大学 法学部 講師 (2015年4月-)
立正大学 法学部 非常勤講師(2016年4月-)

担当科目
指導方針/講義の目標/学生への希望
法的問題に対する思考方法の修得、また、就活等で必須となるプレゼン(とりわけ自分の考えを理路整然と述べることができ、かつ相手を納得させることができる)能力の修得も目指します。
学生への希望:さしあたり元気であれば結構です。

研究・専攻分野
商法・金融法
研究テーマ
資金移動取引の基礎理論
実績 (著書・論文・研究発表)
【著書】
(単著)
1. 『独仏指図の法理論――資金移動取引の基礎理論――』(慶應義塾大学出版会、2016年)

(共著)
1. 『民法とつながる商法総則・商行為法』 (第11講「商行為通則・有価証券」担当) (商事法務、2013年)
2. 『新・判例ハンドブック会社法』(「197-199判決(解散・清算、合名会社、合資会社)」担当) (日本評論社、2014年)
3. 『新・判例ハンドブック商法総則・商行為・手形法』(180-200判決(利得償還請求権、手形・小切手と実質関係、為替手形、小切手、手形・小切手以外による資金移動)担当)(日本評論社、2015年)

【学術論文】
1.単著 「フランス法における指図(délégation)の 歴史的展開」奥島孝康先生古稀記念論文集 第二巻 『フランス企業法の理論と動態』  (成文堂、2011年)
2.単著 「フランス法および ドイツ法における 指図の理論的接続 ――Art.1277 C.civ.の比較法的考察を中心に――」法学雑誌 tâtonnement 第13号 (2011年)
3.単著 「ボアソナードの指図論 ――わが国における指図(délégation)の継受」法学政治学論究 第92号 (2012年)
4.単著 「小規模閉鎖性株式会社の株式会社性 ――ドイツ有限会社法制との比較を中心に」大学院法学研究科論文集 第52号 (2012年)
5.単著 「ローマ法由来の指図(delegatio)のドイツ法への継受――原因関係上の既存債務からの独立を中心に――」法学政治学論究 第96号 (2013年)
6.単著 「ドイツ法における指図(Anweisung)の歴史的展開」帝京法学第29巻 第2号 (2015年)
7.単著 「ドイツ法における指図(Anweisung)立法の変遷」帝京法学 第29巻 第2号 (2015年)
8.単著 「ドイツ法における指図引受(Annahme der Anweisung)の受容」宮島司教授退職記念号 法學研究 第89巻 1号(2016年)
9.単著 「ドイツ法における指図(Anweisung)の方式自由」岸田雅雄先生古稀記念論文集『現代商事法の諸問題』(成文堂、2016年)

【翻訳】
1.共訳 「ブラヴァール=ヴェイリエールの手形法講義 ――『商法概論』(1862年版)『為替手形について』序説――」 (柴崎暁・笹岡愛美・内田千秋・隅谷史人)流経法学 第10巻 第2号 (2011年)

【判例研究】
1.単著 「請負人である株式会社のいわゆる『事実上の取締役』について会社法429条1項の類推適用による第三者である注文者に対する損害賠償責任が認められた事例 (名古屋地裁平成22年5月14日判決)」法學研究 第86巻 第1号 (2013年)
2.単著 「代表取締役が権限を濫用して約束手形に裏書をした場合に会社が当該手形の所持人に対して手形責任を負わないとした第1審判決が控訴審において是認された事例」法學研究 第89巻 第7号(2016年)

【学会報告】
1.日本私法学会個別報告 「独仏法における指図理論の歴史的展開」 於:東京大学法学部(2016年)
所属学会
日本私法学会 (2012年-)
社会貢献活動
茨城県龍ケ崎市行政経営評価委員会委員(2016年-)
学生へのメッセージ
よく動き、よく学び、よく遊び、よく食べて、よく飲んで、よく休んでください