RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

スポーツ健康科学部:教員紹介

膳法 亜沙子(ゼンポウ アサコ)

ZEMPO Asako

学位:
性別:female

所属 (学部・職位・学内役職)
スポーツ健康科学部大学院スポーツ健康科学研究科 准教授
研究室/連絡先
zempo@rku.ac.jp
学歴/経歴
筑波大学大学院 人間総合科学研究科スポーツ医学専攻修了 博士(スポーツ医学)
担当科目
スポーツ栄養学Ⅰ・Ⅱ / 子どもの食と栄養 / ゼミ 他
指導方針/講義の目標/学生への希望
学ぶことを楽しめる授業づくりを目指しています。実践可能な知識を盛り込んだ授業づくりを心がけます。
研究・専攻分野
スポーツ栄養学、応用健康科学
研究テーマ
食生活改善と運動の習慣化による健康づくり
実績 (著書・論文・研究発表)
原著論文(筆頭, 抜粋)
・Zempo-Miyaki A, Maeda Seiji, Otsuki Takeshi. Effect of Chlorella-derived multicomponent supplementation on maximal oxygen uptake and serum vitamin B₂ concentration in young men. J Clin Biochem Nutr 61(2):135-139, 2017
・Zempo-Miyaki A et al. Elevated pentraxin 3 level at the early stage of exercise training is associated with reduction of arterial stiffness in middle-aged and older adults. J Hum Hypertens 2016;30(9):521-526.
・膳法(宮木)亜沙子ら.肥満男性における食事改善、有酸素性運動、食事改善と有酸素性運動の併用が中心および末梢動脈スティフネスに与える影響.体力科学. 2014;63: 333-341.
・Miyaki A et al. The effect of pentraxin 3 levels in the adipose tissue and the skeletal muscle of diabetic-obese mouse. Am J Medi Sci 2014;347:228-233.
・Miyaki A et al. Association of plasma pentraxin 3 with arterial stiffness in overweight and obese individuals. Am J Hypertens 2013;26:1250-1255.
・Miyaki A et al. Habitual aerobic exercise increases plasma pentraxin 3 levels in middle-aged and elderly women. Appl Physiol Nutr Metab 2012;37:907-911.
・Miyaki A et al. The addition of whole-body vibration to a lifestyle modification on arterial stiffness in overweight and obese women. Artery Res 2012;6:85-91.
・Miyaki A et al. Effect of habitual aerobic exercise on body weight and arterial function in overweight and obese men. Am J Cardiol 2009;104:823-828.
・Miyaki A et al. Effect of weight reduction with dietary intervention on arterial distensibility and endothelial function in obese men. Angiology 2009;60:351-357.

総説(筆頭)
・Miyaki A & Maeda S. Arterial Stiffness and Lifestyle Modification. J Phys Fitness Sports Med 2012;1:205-210.

紀要(筆頭)
・膳法(宮木)亜沙子ら. 中高齢肥満男性における生活習慣の改善が血中PTX3濃度に与える影響.健康医科学2013;28:111-120.

受賞歴
・第28回日本体力医学会奨励賞受賞 体力科学第63巻第3号掲載 肥満男性における食事改善、有酸素性運動、食事改善と有酸素性運動の併用が中心および末梢動脈スティフネスに与える影響 膳法(宮木)亜沙子ら.
所属学会
日本体力医学会、日本運動生理学会、日本心血管代謝内分泌学会、日本臨床スポーツ医学会、日本栄養・食糧学会
学生へのメッセージ
大学は義務教育ではありません。だからこそ「学びたい」と思う気持ちを大切にし、その時間をみなさんに与えてくれる人への感謝を忘れないでください。
みなさんの学生生活が有意義なものとなりますように。