RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

スポーツ健康科学部:教員紹介

大槻 毅(オオツキ タケシ)

OTSUKI Takeshi

学位:博士(体育科学)
性別:male

所属 (学部・職位・学内役職)
スポーツ健康科学部大学院スポーツ健康科学研究科 教授
研究室/連絡先
7号館8階
学歴/経歴
筑波大学大学院博士課程体育科学研究科修了[博士(体育科学)]
担当科目
研究・専攻分野
運動生理学
研究テーマ
主に心血管系機能からみた健康づくり運動の効果と実践方法
実績 (著書・論文・研究発表)
【論文】
Otsuki T, Ishii N: Association between blood pressure changes during self-paced outdoor walking and air temperature. Clin Physiol Funct Imaging(印刷中)

宿谷あゆみ, 小粥智浩, 膳法亜沙子, 大槻毅: 小中学生の柔軟性は発育発達に伴い増大するか? 体育の科学(印刷中)

Otsuki T, Kotato T, Zempo-Miyaki A: Habitual exercise decreases systolic blood pressure during low-intensity resistance exercise in healthy middle-aged and older individuals. Am J Physiol Heart Circ Physiol, 311: H1024-H1030, 2016
(当該誌の Featured Articles および Featured Podcast に選出される)

Otsuki T, Kotato T: Higher arterial stiffness related to blood pressure overresponse to arm and leg resistance exercises in elderly individuals. Advances in Arterial Stiffness Research (Chavez B ed.), 2016

Otsuki T, Shimizu K, Zempo-Miyaki A, Maeda S: Changes in salivary flow rate following Chlorella-derived multicomponent supplementation. J Clin Biochem Nutr 59: 45-8, 2016

荒井宏和, 清水和弘, 大槻毅, 花岡裕吉, 前田清司, 渡部厚一: 唾液SIgAによるライフセーバーのコンディション評価. 日臨スポーツ医会誌 24: 84-92, 2016

Otsuki T, Maeda S, Mukai J, et al.: Association between plasma sLOX-1 concentration and arterial stiffness in middle-aged and older individuals. J Clin Biochem Nutr 57: 151-5, 2015
(World Biomedical Frontiers で紹介される[2016年8月])

Otsuki T, Shimizu K, Maeda S: Changes in arterial stiffness and nitric oxide production with Chlorella-derived multicomponent supplementation in middle-aged and older individuals. J Clin Biochem Nutr 57: 228-32, 2015

大槻毅:クロレラ由来の総合栄養サプリメントによる動脈硬化の改善.Med Sci Digest, 41, 28-31, 2015

Otsuki T, Ohashi C: Participation in physical activity and arterial stiffness in males with autism spectrum disorder. Artery Res, 8, 110-4, 2014

Umemoto S, Otsuki T: Chlorella-derived multicomponent supplementation increases aerobic endurance capacity in young individuals. J Clin Biochem Nutr, 55, 143-6, 2014

大槻毅:心血管系におけるトレーニングとディトレーニング.体育の科学, 64, 144-6, 2014

Otsuki T, Shimizu K, Iemitsu M, Kono I: Multicomponent supplement containing Chlorella decreases arterial stiffness in healthy young men. J Clin Biochem Nutr 53: 166-9, 2013

食の科学について-運動生理学者が思うこと.Health & Nutrition 21, 1, 51-52, 2013

Otsuki T, Okuda Y: Blood pressure regulation during bathing, is there a cardiovascular risk? Recent Advances in Cardiovascular Risk Factors (Atiq M ed.), 2012

Otsuki T, Shimizu K, Iemitsu M, Kono I: Chlorella intake attenuates reduced salivary SIgA secretion in kendo training camp participants. Nutr J 11: 103, 2012

林克,大槻毅: 長期間水泳を継続している者の血圧は非実施者に比べて高い. 臨床スポーツ医学 29: 973-8, 2012

Otsuki T, Shimizu K, Iemitsu M, Kono I: Salivary secretory immunoglobulin A secretion increases after 4-weeks ingestion of Chlorella-derived multicomponent supplement in humans: a randomized cross over study. Nutr J 10: 91, 2011

大槻毅: 動脈硬化予防のための運動プログラム. 臨床スポーツ医学 28: 1361-4, 2011

大槻毅, 前田清司: 動脈スティフネスと運動強度. 臨床スポーツ医学 28: 1089-92, 2011

【著書】
大槻毅, 前田清司: スポーツと循環. はじめて学ぶ健康・スポーツ科学シリーズ [⑧スポーツ生理学(冨樫健二編、化学同人)],第4章: 41-54, 2013

大槻毅: 健康スポーツを学ぶ. スポーツの世界を学ぶ -スポーツ健康科学入門- (流通経済大学スポーツ健康科学部ゼミ運営委員会編、流通経済大学出版会),23-32, 2013

大槻毅:心臓左心室後負荷と動脈コンプライアンス.運動生理学のニューエビデンス(宮村実晴編、真興交易㈱医学出版部),Section 10 (4): 298-303, 2010

【受賞】
Travel Grant Award, International Conference on Endothelin (2013.9)
Best Scientific Research Award, Asian Federation of Sports Medicine Congress (2005.5)

【競争的研究資金獲得】
(科学研究費補助金)
挑戦的萌芽研究;単独、2011~2012年度(23650437)
若手研究(B);単独、2005~2007年度(17700486)
基盤研究(C);分担、2008~2010年度(20592696)
基盤研究(C);分担、2008~2010年度(80168799)

(その他)
明治安田厚生事業団若手研究者のための健康科学研究助成(2014.11~2016.2)
茨城体育学会研究奨励金(2013年度)
中冨健康科学振興財団研究助成金(2013.3~2014.6)
上原記念生命科学財団研究奨励金(2010年度)
上月財団第8回スポーツ研究助成事業(2011.1~2012.12)
日本体育学会茨城支部研究奨励金(2010,2011,2012年度)
笹川科学研究助成(2008年度)
所属学会
日本体育学会
(International Journal of Sport and Health Science 編集幹事[2015.4~2017.3])
日本体力医学会(評議員)
日本予防医学会(臨床研究委員)
日本運動生理学会
日本循環器学会
日本臨床スポーツ医学会
日本抗加齢医学会
American College of Sports Medicine
社会貢献活動
龍流連携事業ウォーキング講座「血管ハツラツ☆ウォーキング」(2010年度~)
健康運動指導士会茨城県支部理事(2012年度~)
健康運動実践指導者実技評価委員(2009年度~)
学生へのメッセージ
 スポーツをもっと深く学びたい、スポーツを通して社会の役に立ちたい、という意欲を強く持ち、それに向かって努力できる学生の入学を歓迎します。