RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

法学部:教員紹介

植村 秀樹(ウエムラ ヒデキ)

UEMURA Hideki

学位:
性別:male

所属 (学部・職位・学内役職)
法学部自治行政学科大学院法学研究科 教授(大学院法学研究科長)
研究室/連絡先
eメールアドレス : hiuemura@rku.ac.jp
学歴/経歴
早稲田大学法学部卒業。
読売新聞社勤務の後、青山学院大学大学院博士課程修了。
放送大学非常勤講師、文部省教科書調査官、本学経済学部助教授等を経て、現職。博士(国際政治学)。
担当科目
指導方針/講義の目標/学生への希望
現実に生起している政治・国際問題に即して、問題の生まれる原因を探り、解決方法を考えるようにしたい。一見遠くあるように見えるものが、実は自分と密接に関係していたり、無関係に見えるもの同士が深くつながっていたりする。広い視野に立って、常識と思っていることを疑ってみることも必要だ。
研究・専攻分野
国際政治学、日本政治外交史、安全保障論
研究テーマ
日本の再軍備過程、日米安全保障体制の成立と展開、防衛政策の現状と課題など、戦後日本の安全保障問題。沖縄の米軍基地問題にも取り組んでいる。
実績 (著書・論文・研究発表)
【主な著書・論文】•『暮らして見た普天間(仮題)』吉田書店、近刊
•『「戦後」と安保の六十年』日本経済評論社、2013年
•『現代日本のガバナンス』(共編)流通経済大学出版会、2011年
•『同時代史としての憲法』(共著)日本経済新聞社、2007年
•『自衛隊は誰のものか』講談社現代新書、2002年
•『グローバリゼーションの現在』(共編)一藝社、2000年
•『再軍備と55年体制』木鐸社、1995年
•「内閣憲法調査会と戦後平和主義」『流経法学』13巻1号(2013年9月)
•「『丸山眞男座談』に戦争と平和を聞く(上下)」『流経法学』11巻2号(2012年1月)、12巻1号(2012年9月)
•「自衛隊における"戦前"と"戦後"」『年報・日本現代史』第14号(2009年)
•「戦後思想史の中の平和論」『思想』980号、2005年12月
•「米国の対日軍事援助と防衛力整備」『軍事史学』36巻2号、2000年9月
•「海兵隊沖縄駐留論の再検討」『流通経済大学論集』34巻4号、2000年3月
所属学会
所属する学会等:日本国際政治学会、日本政治学会、同時代史学会、占領・戦後史研究会、軍事史学会
学生へのメッセージ
大学を出てすぐに役立つ資格の取得や実践的な勉強もだいじですが、社会人になって難しい判断や決断を迫られた時、ほんとうに役立つのは、学生時代のさまざまな経験や「役に立たない」勉強です。
ゆっくり、大きく、遠くを見よう。