RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

経済学部:教員紹介

朝倉 啓一郎(アサクラ ケイイチロウ)

ASAKURA Keiichiro

学位:
性別:male

所属 (学部・職位・学内役職)
経済学部大学院経済学研究科 教授
研究室/連絡先
asakura@rku.ac.jp
学歴/経歴
九州大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学
高校まで大分県で過ごし、九州大学経済学部・大学院に進学。
2005年4月より、本学の経済学部に赴任しました。
上京して10年以上経過しましたが、いまだに九州弁(博多弁と大分弁のごちゃ混ぜ)が抜けません。

趣味は、1.日本史:宇佐神宮は卑弥呼の墓だと信じています。2.展覧会巡り:昔は絵画・仏像、今は地域の物産展巡りがメインになりました。3.体重計測:早く減ってほしいものです。
担当科目
指導方針/講義の目標/学生への希望
【講義】
春学期は記述統計学、秋学期は推測統計学。電卓は常に持参してください。
授業は、いろいろな例題を解き、一つ一つ確認しながら進めます。
なお、わかりやすい授業にするために、授業の進め方にかんして、皆さんの忌憚のない意見をお待ちしています。

【演習】
第1に、不特定多数の前で、恥ずかしがらず、大きな声で、論理的に自分の意見を述べること。
第2に、文章や発言の内容を的確に把握すること。
そして、第3に、自分の主張を文章で明確に表現することを重視します。楽しくやりましょう。
研究・専攻分野
統計学、経済統計学、計量経済学、産業関連論
研究テーマ
経済および環境の数量的な実証分析
実績 (著書・論文・研究発表)
(1)自分の興味・関心・問題意識にもとづく個人研究と(2)複数の研究者の知力・気力・体力にもとづく共同研究の2本立てで、
上記の研究テーマにアプローチしてきました。最近、「不惑の年」を迎えたとはいえ、悩んだり迷ってばかりです。それだけに、
「不惑」という意味を深く考えてしまう今日この頃です。
所属学会
日本統計学会、環太平洋産業連関分析学会、経済統計学会、日本経済学会、環境経済・政策学会、
International Input-Output Association、他。
学生へのメッセージ
多くの先人達の体験談や回想録によれば、二十歳前後は、人生のベースとなる「ものの見方、考え方」や価値観が確立していく時期だと言われています。身の回りの情報から刺激を受け、吸収できるだけ吸収し、それが整理されていく過程で自分自身の価値観が形成されて行くならば、少し大げさな言い方ですが、二十歳前後の学生時代の過ごし方によって、今後の人生の方向性が決まってくると言えるでしょう。
学生時代は、友人や教員との出会いから受ける刺激が大きいと思います。一生付き合える人たちとの出会いがあるといいですネ。また、読書から受ける刺激も大切にして欲しいと思います。いろいろな刺激に触れることによって、自分の性格や能力を再確認・再構築しながら、有意義な学生生活を送ることを期待しております。