RKU 流通経済大学

☒ 閉じる

経済学部経営学科

成功する経営を、
失敗しながら学んでいく。

ゼミナール

商店街のマネジメントからプロ野球の経営戦略研究まで。
産業界とつながる生きた研究を通し、経営者感覚を養おう。

マネジメントについて学び、求められる力を知る。

梅木ゼミ 梅木 眞(教授) 専門分野:経営組織論、組織間関係論

成長過程にある企業の分析およびプレゼンテーションを通じて企業の仕組みを理解し、組織のマネジメントに求められることは何かを学習。また、集団の中で自分の意見を出し、報告する力を身につけます。1、2年生で経営学の基礎を培い、3年生から経営学検定初級の取得を目指します。

他にもさまざまなテーマで学べるゼミを用意
(一部掲載)
● 企業の経営をビジネスモデルと会計数値の両面から分析して評価する 池村ゼミ
● マネジメントの基礎知識を使えるレベルにする 梅木ゼミ
● 消費者の心理研究とマーケティング戦略の提案コミュニケーション力の向上 小沢ゼミ
● 流通現象を自ら分析できるようにする 呉ゼミ
● 消費者の行動特性が企業のマーケティング活動にどのように生かされているかを考える 加藤ゼミ
● 組織(会社)の中で働くヒトにかかわる研究 佐藤ゼミ
● 経営企画やビジネスモデルをとことん学ぼう! 崔ゼミ
● 会計を通じて企業の実態を知る 丸岡ゼミ
● 会計学に関する研究-数字でみる会社の実態- 吉村ゼミ

授業紹介

経営学科 TOPICS
新入生全員が株式投資ゲームに挑戦!
株式変動の先の理由を考えます。

「昨日上がった株価が今日は下がった」。よく聞くニュースですよね? 経営者にとって、社会の評価が反映される“株価”を知ることは欠かせません。そこで経営学科では全員が株式投資ゲームに挑戦。東証マザーズで実際に取引されている株式を売買します。大切なのはいくら稼いだかではなく、なぜ株価が変動したのかを深く考え、企業活動やその成長メカニズムを学ぶこと。優秀者には産業界からの来賓の方を前にプレゼンする機会もあるので頑張ってください。

カリキュラムポリシー

教育課程の編成・実施方針

経営学科では、産業界が求めているグローバル人材を育成するために、教養のある人材であること、専門知識を英語で学んでいること、現役の経営幹部・実務者からビジネスの実態を学んでいることに対応したカリキュラム編成を基本とする。
そのうえで、本学の基本教育方針である全員ゼミ制度を発展させ、専門知識と教養を備えた応用力が発揮できるように、専門学修と教養学修を統合した4年間を一貫する演習(ゼミ)を開講する。
個々の学生と教員の間で、各自の目標を確実に実現すべく、学修方針や履修計画を立案できるようにする。
卒業研究では、下級生への報告会や指導演習を通して、グローバル時代に求められる集団適応力と自律した思考や行動を修得できるようにする。
4年間を一貫する演習(ゼミ)を中心に各科目を配置し、カリキュラムを系統化する。
専門科目として、学生の将来計画に対応すべく、起業やマネジメントに関する科目群、マーケティングや流通に関する科目群、会計やファイナンスに関する科目群を開講する。以下、具体的な開講科目は次の通りである。

  1. 日常生活に関わる商品・サービスを事例に実践的に経営の全体像を修得する科目を開講する。
  2. 企業の実態に経営学の専門知識を適用し探求する科目を開講する。
  3. 教養性と専門性ならびに倫理を総合的に学修する科目を開講する。
  4. 専門3科目群の中に専門的知識を深める科目を開講する。
  5. グローバル企業に求められる専門知識を英語で学ぶ科目を開講する。
  6. 能動的学修や批判的思考を促進するための実習や演習が伴う科目を開講する。
  7. 自立する企業人への準備として、研究成果などを発表し、審査を受ける科目を開講する。
  8. 生涯にわたって学習が継続できる教養科目を開講する。

資格について

関連する資格講座
● ファイナンシャル・プランニング技能検定講座
● 日商簿記検定講座
● 販売士検定講座
● 宅地建物取引士受験講座
● 公務員試験(市役所・県庁対策)基礎講座
● ITパスポート試験対策講座
取得可能な教員資格
● 高等学校教諭一種免許状 「商業」